【どうしてダフるの!?】アイアンのダフリを解消する3つのコツ

スポンサーリンク

ダフる人は、「トップさせよう!!」と思って打っても、なぜかダフってしまいます。

ダフリを矯正できないうちは、飛距離も出ませんし、クラブごとの飛距離も安定しません。

アイアンショットがダフる原因はなんなのか!?

どうすればダフリを矯正できるのか!?

ということで、今回は、元賞金王の片山晋呉プロのコーチでもあった江連忠プロが推奨する「アイアンショットのダフリ解消法」をご紹介します。

スポンサーリンク

アイアンショットがダフる原因

まずは「なぜダフってしまうのか!?」そのメカニズムについてご説明します。

ダフる原因は様々ですが、細かい要素を除けば、大きく分けて3つ挙げることができます。

 

軸が右に残る・傾く

ダフリの大きな原因の1つ目は…、

「インパクト時に、軸が右に残ったままになっているか、または軸が右に傾いている」

ということです。

このような状態になっていると、必然的にクラブヘッドは下から入りやすくなり、ヘッド軌道の最下点はボールの手前になってしまうため、ダフってしまうというわけです。

 

アーリーリリース

ダフリの大きな原因の2つ目は…、

「ダウンスイングで手首のリリースが早い(アーリーリリース)」

ということです。

出典:GDO

ダウンスイング時に、このアーリーリリースの動作が入ってしまうと、ヘッドが早いタイミングで落ちてしまい、インパクトポイントがボール手前となってしまうため、ダフってしまうというわけです。

 

左腰が引ける

ティーチングプロの江連忠プロはこう指摘します。

江連 忠
ボクが見る限り、アマチュアゴルファーはその場で打とうとしすぎる人がとても多いのです。

つまり、ボールをその場で打とうとしすぎるあまり、スピンアウト(その場で腰が引ける動き)になってしまっているということです。

アドレスではクラブヘッドはボールの手前にあるわけですから、インパクトで左に移動しないと、クリーンに打てないのは当たり前でしょう。

アドレスの位置にクラブヘッドを戻そうとする限り、必ずダフるということです。

この理屈を理解しないといつまでたってもダフリと決別することはできません。

スポンサーリンク

ダフリを解消するコツ

スイング中のフェースはクローズ

スイング中にフェースが開いてしまうと、「軸の右への傾き」・「アーリーリリース」・「スピンアウト」のすべての悪い動きを誘発してしまいます。

一方、スイング中にフェースがクローズになっていれば、たとえダフリが出たとしても、それはカラダやボールポジション修正するだけで簡単にダフリを解消することができます。

 

ダウンスイングでは左肩が大きく左に動く

プロゴルファーとアマチュアゴルファーの大きな違いの1つに「インパクトの左肩のポジション」があります。

インパクト時に、プロゴルファーは左肩がボールのかなり左まで動いてくるため、プロゴルファーは構えた所よりも左側でボールをとらえています。

一方、ダフるアマチュアゴルファーは、その動きが小さいのです。

特に、構えた場所で打とうとして、スピンアウト(その場で左腰が引ける動き)のクセがある人は、インパクト時の左肩の動きがかなり小さくなっています。

身体の重心の移動に伴って、クラブが引っ張られるイメージを持つようにしましょう。

個のイメージが難しいあなたは、次のドリルがおススメです。

トップからの切り返しで、左足を10cmほど目標方向に踏み込んでボールを打つ練習です。

このドリルはスムーズな重心移動が身につくとともに、その重心移動に伴い左肩が左に動く感覚をイメージしやすくなります。

左足を踏み込んだ時に、フェースが開かないように注意してくださいね。

江連 忠
ダフリを直したかったら、まずはスイン中にフェースをクローズにすることを覚えること。
そしてダウンスイングからインパクト、フォローにかけて左肩が左へ大きく動く感覚を掴むことが大切だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

以上、江連忠プロが推奨する「アイアンショットのダフリ解消法」をご紹介いたしました。

ボールを直接とらえることができないうちは、飛距離も方向性も安定しません。

もちろん、スコアも安定しません。

しかし、直径4cm強のボールをクリーンに打てるようなるだけで、他のゴルファーよりもワンランクもツーランクも上にあがれるのがゴルフというスポーツなのです!!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です