【日焼けは超危険】ゴルフ日焼け対策を徹底解説

スポンサーリンク

夏ゴルフでの日焼け対策はバッチリですか?

まさか「多少の日焼けは健康的」だなんて思っていませんか?

日焼けなんて気にしてたらゴルフはできないという人もいるかと思いますが、ハッキリ言って「日焼け」は危険です。

日焼けには様々な病気や肌の老化のリスクがあるからです。

ということで、今回は効果的な「ゴルフの日焼け対策」や「日焼け防止グッズ」などを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日焼けのリスクとは?

 

日焼けは火傷(やけど)

日焼けすると肌が赤くなって痛くなる人がいます。

これは人それぞれですが、特に普段色白な人が日焼けをすると肌が赤くなります。

医学的に言うと、日焼けは「日光皮膚炎」と呼ばれます。

日焼けはやけどの一種です。

そう考えるとたかが日焼けとは言えなくなりますよね。

 

日焼けは皮膚ガンのリスクを高める

日焼けをすることで皮膚ガンのリスクが高まると言われています。

日本では皮膚ガンのリスクはそれほど高くはないと言われていますが、それでも長時間紫外線を浴び続けることで日焼けのリスクは高くなります。

 

日焼けで老化する

皮膚に対する日焼けの悪影響としてシミやそばかすが増えるリスクがあります。

こちらは特に女性は、大変気になるところですよね。

また、シミやそばかすだけでなく「光老化」という現象があり、こちらはシワやたるみの原因となります。

28年間トラックの運転をしていた男性は、片側だけ太陽を受け続けたことにより、日焼けのダメージを受けています。これだけ、日焼けのダメージは光老化を誘発するのです。

そう考えると、「日焼け」ってちょっと怖いですよね…。

 

日焼けは目に相当悪い

日焼けをすることで白内障などの目の病気になるリスクが高まります。

肌と同じように、目に紫外線が入った場合も目はダメージを受けています。
例えば、角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い目の痛み、充血といった症状が出ることがあります。
これを電気性眼炎といいます。
さらに、ダメージを受け続ければそれは蓄積され、目の細胞を破壊してしまいます。
これが、白内障などの病気につながることがあります。

~逓信病院HPより引用~

日焼けによる悪影響は、皮膚だけではないということですね。

 

日焼けすると疲れる

日焼けをした後は、凄く疲労感を感じませんか?

これは日焼けにより壊れてしまった皮膚の細胞を修復するために体力を使うからであると言われています。

夏のゴルフは異常なほどの疲労を感じるのはこのためです。

日焼け防止は、ゴルフ終盤のパフォーマンスを維持する効果もあるのです。

 

ゴルフの日焼け対策

「日焼け」には、リスクがあることはお分かりいただけたと思いますが、それでもゴルフをしたいのがゴルファーというものです。

だったら、少しでも日焼けのダメージを少なくするために「日焼け対策」をすることが大事です。

特にゴルフは外にいる時間が長いスポーツ。

長時間の紫外線攻撃に耐えるためには、日焼け対策は必須です。

 

日焼け止めは最低限必要

紫外線が強い夏のゴルフでは、日焼け止めクリームは必須となります。

 

ところで、日焼け止めクリームってどれくらい塗れば効果があるのかご存知ですか?

実は、日焼け止めクリームの塗る量を間違えている人は少なくありません。

環境省の紫外線環境保健マニュアルには次のように記されています。

顔に使用する場合

クリーム状にでるタイプの日やけ止めは、パール粒1個分、液状にでるタイプは、1円硬貨1個分を手のひらに取る。額、鼻の上、両頬、アゴに分けて置き、そこからまんべんなくていねいに塗り伸ばす。そのあともう一度同じ量を重ねづける。

~環境省「紫外線環境保健マニュアル2015」~

しっかりとした「日焼け対策」には1度にこれだけの量の日焼け止めクリームを塗る必要があるのです!

「ベタベタするのが嫌だから…」っていう人は、さっそく見直してみましょう

 

また、ゴルフは進行状況にもよりますが、5時間以上は外にいることが多いと思います。

となると、日焼け止めを一回塗ったくらいでは足りません。

お昼休みに日焼け止めを塗り直すのは最低限必要です。

日焼け止めもいろいろあって、スプレータイプ、パウダータイプ、クリームタイプ、ローションタイプなど様々です。

 

日傘を活用するのもアリ

現代のゴルフは大抵カートでラウンドします。

屋根がついているカートに乗っていれば、直接紫外線を浴びることはありませんが、カートを降りてボールのところまで行くまでには当然、紫外線を直接浴びます。

このような時に重宝するのが日傘です。

「日傘は、女性ゴルファーのアイテム」なんて時代はもう終わりです。

今や男子プロゴルファーも日傘をする時代なのです!!


出典:GDO

普段から「晴雨兼用の傘」を一本、キャディバッグに入れておくと重宝します。

 

日焼けにメリットが大きい!サングラス

日焼けによってダメージを受けるのは皮膚だけではありません。

目が日焼けすることで、白内障・黄班変性症などの目の病気のリスクが高まります。

そんな時に重宝するのがサングラスです。


出典:みんなのゴルフダイジェスト

ゴルフ用のサングラスは多くの種類があり、男女問わず、ファッションとしてもサングラスはカッコ良いです。

市販されているサングラスなら、日焼け対策として「UVカット」が施されていないモデルなんてないと思いますが、少し値段は上がりますが、サングラスのレンズは偏光レンズがおススメです。

日焼けとは関係ありませんが、逆光の時などにとてもグリーンの傾斜が読みやすくなります。


出典:OAKLEY公式サイト

ゴルフでサングラスをすることはメリットが多いですね。

>>質のいいサングラスはこれ!!『しないとヤバい!!ゴルフのサングラスの選び方3つのポイント』はこちらで詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

暑くてもUVカットインナーを着るべき

夏のゴルフ場に行くと、暑いのに長袖のインナーを着ている人が多くみられます。

長袖のUVカットインナーを着ることで日焼けをかなり防止することができます。

意外かもしれませんが、これらのUVカットインナーは着用してもそれほど暑くないのです。

日焼けを防いでくれるため、ゴルフ後半の疲労感がかなり違ってきます。

最近では、日傘と同様に、男子プロゴルファーでもインナーシャツを着用する選手は多くなってきています。

それだけ機能的ということでしょう。

 

両手にグローブ

腕はインナーで日焼けを防止できますし、顔は帽子で日焼け対策をすることができます。

日傘をしたり、長袖のインナーを着たり、かなり完璧な装備をしても、紫外線から守ることが難しいのが右手の甲の部分の日焼けです。

特に、女性ゴルファーは気になる日焼けですが、右手の甲の部分の日焼けは、両手にグローブをすることで防止することができます。

両手グローブはの効果は他にも、

  • 両手の一体感が出る
  • すっぽ抜けがなくなる

などゴルフ特有のメリットもあります。

黄金世代の小滝水音プロは、両手グローブをするプロゴルファーです。

小滝プロは「手汗がすごく、滑ってしまう」のを防止することが目的のようです。

出典:パーゴルフ

 

女性ゴルファー必見!おすすめ日焼け防止グッズ3選

 

日焼けから首すじを守る!

【完全な日焼け対策を講じる大出瑞月プロ】

出典:みんなのゴルフ

日焼け対策としてゴルフのラウンドをする時は帽子をかぶるというのはもはや基本ですが、帽子だけでは守れない場所があります。

その一つとして「首すじ」があります。

首筋を日焼けから守るアイテムとして効果的なのが「ネックシェード」。

ネックシェードとは、帽子に取り付けるタイプのものや防寒具のネックウォーマーのように首周りを覆うタイプのものなどがあります。

ネックシェードを帽子に取り付けることで、首すじの日焼けを防止することができます。

もちろん、首すじの温度を下げる効果もありますから、熱中症対策としても効果的です。

 

日焼けから手の甲を守る!

通常のゴルフグッズでは、守れなかった手の甲の日焼け。

でも両手にグローブをすると暑いし、グリップを握る感覚が少し変わってくるという方には「手甲」がおススメです。

サマー手甲を使用することで手の甲の日焼けを防止することができますし、少なくとも両手にグローブをするよりは暑くないのでオススメです。

 

日焼けから顔を徹底ガード

ゴルフ好きの女性にとって最大の敵と言っても良いのが紫外線ですよね。

もちろん、日焼け止めを塗るというのは最低限必要ですが、更に日焼けから顔を守りたいならフェイスカバーがオススメです。

出典:キャロウェイアパレル

シミやくすみができる危険ゾーンとして目の下の部分があります。

フェイスカバーを使用することでこのあたりのシミができやすい部分を守ることができます。

フェイスカバーというと、ちょっと息苦しそうだなという印象がありますが、鼻の下に穴が開いているフェイルカバーなどもあるため、息苦しさの問題をカバーしています。

吸汗速乾でべたつきもなくオススメのゴルフグッズです。

スポンサーリンク

 

まとめ

「日焼けは絶対嫌だけど、好きなゴルフを楽しみたい!」

このようなゴルファーに日焼け対策とオススメの日焼け帽子グッズを紹介しました。

日焼けは、健康を害するリスクがあります。

皮膚だけではなく、目の日焼けも時には重大な病気に発展する可能性がありますので、しっかりと日焼け対策をすることが大切です。

女性ゴルファーにとって厄介なのが日焼けによる肌の老化ですね。

ただ、しっかりとした日焼け対策さえしていれば、夏のゴルフだってそれほど怖いものではありません。

サングラス、帽子、日焼け止めこのあたりの日焼け対策はもはや当たり前ですよね。

最近では、手の甲の日焼け防止グッズやフェイスマスクなど日焼け対策グッズとしていろいろなものが販売されていますから、それらを有効に使って夏のゴルフを楽しみましょう!

 

ゴルファーのために開発された日焼け止め

ゴルフのプレーは、日常生活の何十倍もの紫外線を受けてしまいます。

そんなゴルファーに、絶対的におススメな日焼け止めが「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル」です!!

夏のゴルフでは、とにかく汗をかきます。

せっかく塗った日焼け止めが汗で落ちてしまい、結局、ラウンド終了するころには、鼻の頭が赤くなってしまう…、そんなあなたでも大丈夫です!!

このNALCは、市販されている他のウォータープルーフの日焼け止めよりも、圧倒的に汗に強いので、「夏でもアクティブに外に出たいけれど、日に焼けたくないすべての男女」 におすすめできるのです。

 

ゴルファーはもちろんのこと…、

  • 汗をかくスポーツをされる方
  • マリンスポーツをされる方
  • アウトドアに出かける方。
  • 海やプールへ遊びに行かれる方
  • 海外旅行へバカンスに行かれる方

とにかく、紫外線の強い季節に強い日差しを浴びる人でも、日焼けしたくない人には、おススメです。

楽天市場総合ランキング1位を獲得したこの「NALC ナルク パーフェクト ウォータープルーフ 日焼け止め ジェル」は今なら送料無料で購入することができます!!

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です