ゴルフのダイエット効果は?打ちっぱなしとラウンドの消費カロリーを徹底分析

「ゴルフって痩せるの!?」

女性ゴルファーだけでなく、おじさんゴルファーにも気になるところではないでしょうか!?

今回は、「ゴルフプレーすることでどれだけのカロリーを消費するのか!」という疑問にお答えしたいと思います。

ということで、「打ちっぱなしとラウンドでのカロリー消費」と「ゴルフのダイエット効果」について、まとめてみましたのでご覧ください。

 

ゴルフスイングの消費カロリー

単純に消費カロリーだけをただアップさせたいのであれば、ミート率や打ったボールの方向性などを一切気にせずに、力一杯ゴルフクラブを振り回せば良いということになります。

しかし、それではゴルフの上達、ゴルフの練習にはなりません。

なので、今回は、ゴルフを上達するべく練習をしながらダイエットにつながるよう、カロリーを検証してみました。

ちなみに、「ドライバーを通常通り1回スイングを行うと1.2キロカロリーの消費がある」といいます。

アイアンでの消費カロリーは1スイング当たり1.1キロカロリーだそうです。

 

ゴルフスイングは体全体の筋力トレーニングになる

ゴルフスイングは体全体を使います。

体全体を使い筋力アップをしてゴルフを上達、さらにシェイプアップしてダイエット成功という、一石二鳥を目指して頑張りましょう。

筋力アップを図ることができれば、「基礎代謝量」も上がります。つまり、太りにくい体を手に入れることができるのです。

それでは、ゴルフスイングで鍛えられる筋肉を見ていきましょう。

上腕三頭筋

上腕三頭筋とは二の腕の後ろ側の筋肉です。

ゴルフクラブは意外と重いものです。

これを持ち上げて振り下ろすのですから、もちろん腕の筋力を多く使います。

特に、インパクトからフォローにかけてのゴルフボールを打ち出す時に、腕の筋力を積極的に使うことになります。

つまり、ゴルフスイングには、二の腕の引き締め効果があります。

二の腕のたるみにお悩みの方には、ピッタリです。

 

背中の筋肉(広背筋・僧帽筋)

年齢を重ねるうちに、背中に無駄な贅肉がついてしまうという悩みをよく聞きます。ゴルフスイングは体をひねる動きがある為、背中の筋力を自然と使います。

このスイング運動、背中についてしまう贅肉対策につながります。

また、肩こりなどに悩む人にも効果的な背中の運動となります。

 

脇の下からウエストまで斜めに走る腹斜筋

上半身をひねる動きがゴルフスイングの基本です。

この捻転差が飛距離を生みます。

そのために最も大事なのが腹斜筋です。

ゴルフスイングはこの筋肉を使うことになりますので、ウエスト周りのサイズダウン、さらにウエストのくびれを作ることが可能になります。

まさにゴルフスイングは一石二鳥ですね。

 

脊柱起立筋

体幹の筋肉であり、姿勢を正すための筋肉です。

ゴルフスイングによって、この脊柱起立筋が鍛えられますので、普段の姿勢もよくなる効果が期待できます。

 

太ももやふくらはぎの筋力

下半身がどっしりとしてくることで、ゴルフスイングは安定します。

上半身を大きくひねっても重心がくずれない、しっかりと耐える筋力が必要だからです。

太ももの筋肉は、人間の体の中でも大きな筋肉です。大きな筋肉が鍛えられることで基礎代謝量もアップします。

太りにくい体を手に入れるためには、太ももの筋肉を使うゴルフスイングは「もってこい」の運動でしょう

また、ふくらはぎや太ももが太くなることを気にする女性がいますが、相当強度のトレーニングをしない限り、筋肉で足が太くなることはありません。

ゴルフスイングぐらいでしたら、適度な強度のため、ふくらはぎや太ももの引き締め効果は抜群です。

 

打ちっぱなしとラウンドの消費カロリーは?

打ちっぱなしでの消費カロリー

それでは、ゴルフ練習場で1時間打ちっ放しを行うと何キロカロリー消費するのでしょうか?

1時間で200球を、アイアンで打ったとします。

 

その場合の消費カロリーは…、

1.1(キロカロリー)×200(球)=220キロカロリー

 

ジョギングを1時間行うと470キロカロリー、ウォーキングだと1時間で200〜260キロカロリーの消費と言われています。

ですので、打ちっぱなしでの練習はウォーキングと同じくらいの消費カロリーになります。

週に2回、1時間200球の打ちっ放しを目標に「ゴルフ練習&ダイエット」として行うと、良い運動になるでしょう。

 

ゴルフコースでの消費カロリー

当たり前ですが、ゴルフは練習場よりもラウンドの方が消費カロリーが多くなります。

ただ、ダイエット目的ならばラウンドでは極力コース内は歩きましょう!

とにかく痩せたいのであれば、プロゴルファーの試合のように徒歩でラウンドを行いましょう。

カートに乗らず、時にはクラブを持って走ります。

ゴルフの1ラウンドは、平均で10キロ程度の距離を移動することになります。

時間は5時間程度、歩数で言えば1万5千歩くらいでしょうか。

この歩行に加え、ゴルフクラブを振ります。

素振りを入れればクラブを200回程度振ることになります。

 

よって、ゴルフラウンドを徒歩で行うと…、

徒歩とゴルフスイングの合わせ技で1200キロカロリーの消費が可能

となります。

 

ウォーキングを5時間行うのと同じ消費カロリーです。

ウォーキング5時間はかなりきついですが、ゴルフの1ラウンドであれば可能ではないでしょうか?

全て徒歩で行わずとも、できる限り移動を徒歩で行うだけで、かなりのカロリーを消費できます。

楽しく無理なく行えるゴルフラウンドは、ダイエットに最適なスポーツと言えます。

 

カードのラウンドは徒歩の半分の消費カロリー

ちなみにカートに乗って1ラウンド行うと、消費カロリーは約半分の600キロカロリー程度となります。

これでも十分、良い運動になりますし、ダイエット効果もあるでしょう。

高齢の方でも、体力に自信がない方でも、カートを利用して上手くゴルフを楽しみながら、少しずつダイエットを意識するのも良いでしょう。

 

知っておいて損はない!お得な情報をメルマガにて配信中

以上「打ちっぱなしとラウンドの消費カロリー」と「ゴルフのダイエット効果」をお伝えしました。

意外にも、打ちっぱなしでもカロリー消費はあり、ダイエット効果があるのですね。

でも…、女子プロゴルファーで体格がいい人は、なぜなんでしょうか??

アスリートたちは、摂取カロリーも多いからですかね??

太りにくくゴルフに効果的なカラダを作りたいあなたはこちらをクリック↓↓↓

「知って得する」ゴルフに関する情報やゴルフ上達練習方法などをメルマガで無料配信しています。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

 

 

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)