高反発ドライバーはどれくらい飛ぶのか?飛距離の違いを徹底比較

歳をとるにつれ、ゴルファーを悩ませるのが、飛距離の低下。
「昔はもっと飛んだのになぁ~」と嘆くベテランゴルファーも少なくはないでしょう。

寄る年波には勝てないとはいえ、飛距離が落ちてしまうと、ゴルフの楽しみが半減してしまうことにもなりますよね。

そんな飛距離の悩みを解消してくれるのが「高反発ドライバー」。

でも、高反発ドライバーを買って、飛ばなかったら結構ショックですよね?

なので、今回は、「高反発ドライバーは本当に飛ぶのか?」、「 高反発ドライバーが合わない人はどういう人なのか?」 を検証していきましょう。

 

高反発ドライバーとは

高反発ドライバーとは、反発係数が約0.83以上のドライバーです。
反発係数って難しい言葉ですよね。

簡単に言うと、物体と物体が衝突した時に、跳ね返る力の大きさと考えてもらえればわかりやすいでしょうか。

高反発ドライバーは、反発力が高いため、飛距離が大きくアップします。

これが、飛びすぎると問題となって、2008年にJGAが使用禁止としましたが、プライベートなラウンドで使う分には問題ないとして最近では、多くの高反発ドライバーが販売されています。

それだけ高反発ドライバーが飛ぶと言うことだといえるでしょう。

 

高反発ドライバーって本当に飛ぶの?

高反発ドライバーと言えば、やはりその名前からもドライバーの飛距離がアップするというイメージがあります。

でも、飛距離がアップすると思って購入したのにも関わらず、普通のドライバーと対して変わらないのでは意味ないですよね。

アトミックゴルフが、ヘッドスピードや平均飛距離の違う4タイプのゴルファーを揃えて、何種類かの高反発ドライバーの試打を行った検証をしていました。

アトミックゴルフ高反発ドライバー徹底検証結果

結果から言うと、高反発ドライバーは飛ぶと言って良いデータでしたね。

各ゴルファーの平均飛距離を基準とすると、飛距離アップの大きさにはバラつきがあるものの、ほぼ平均飛距離より、飛んでいます。

傾向としては、球が上がりやすく、ヘッドスピードの速いゴルファーよりも、球が上がりにくく、ヘッドスピードの遅いゴルファーの方が飛距離が大きくアップしています。

例えば、平均飛距離200ヤード、ヘッドスピード39m/sのAさんが、「グランプリゴルフ プラチナム G1ゴールドドライバー」という高反発ドライバーを試打したところ、237.7ヤード飛んだという試打結果がありました。

実に、約37ヤード飛距離が伸びたということになります。

約240ヤード飛ばすことが出来れば、立派な飛ばし屋と言って良いでしょう。

 

また、普段より約40ヤード飛ばすことが出来るのならば、全く違うゴルフの世界になるのではないかと思います。
ゴルフが楽になりますよね。

でも、興味深いのが、試打した全員がこのドライバーが一番飛んだのかというとそうでもなくて、他の高反発ドライバーの方が飛んだというゴルファーもいます。

これは、高反発ドライバーにも自分に合っているかそうでないかということで飛距離が変わるということを表していますね。

 

高反発ドライバーが必ず飛距離アップにつながるとはかぎらない?

アトミックゴルフが行った高反発ドライバーの試打結果だけを見ると、どのような条件でも高反発ドライバーの方が飛距離が出ると考えてしまいがちですが、実は、条件によっては、高反発ドライバーでも飛距離がアップしない場合もありますので注意が必要です。

ゴルファーによって高反発ドライバーが合わないタイプがいる?

高反発ドライバーよりも低反発ドライバーが合うという人がいます。

そういった人は、まだまだヘッドスピードがそこそこ速く、低反発ドライバーでしっかりと適正なスピン量を出すことができる人です。

高反発ドライバーをヘッドスピードがある人が使うと、トルクが合わず、シャフトが暴れてしまうことがあります。

また、元々低反発ドライバーで適性なスピン量を出していた人が、高反発ドライバーを使ってスピン量が減ったことで適性なスピン量よりもスピン量が少なくなってしまうこともあります。

ボールを変える方が飛ぶ?

大体、反発係数が0.01変わると飛距離にして2~3y飛距離が変わると言われています。

ボールの反発係数は0.6~0.9と言われています。

要は、高反発ドライバーと低反発ドライバーの境界線は、反発係数0.83でしたね。

低反発ドライバーといっても、0.83ギリギリのところで反発係数を設定していると思われるので、制限を少し超えた高反発ドライバーを使うくらいなら、ボールを変えた方がよっぽど反発係数を大きくすることができるという意見もあります。

 

おススメ高反発ドライバー

高反発ドライバーは、飛ばし屋と呼ばれる人たちは別として、シニアゴルファーやどうしても飛距離不足で悩むゴルファーたちの味方になることは、間違いなさそうです。

ただ、たくさんある高反発ドライバーのなかでも、本当に飛距離を伸ばせるのはどの高反発ドライバーなのか?

おすすめの高反発ドライバーをご紹介します。

ハヤブサ

とにかく飛ばすことだけに着目した、根本プロ監修の究極の高反発ゴルフドライバー。

あなたがシニアゴルファーでも、飛距離が出なくても、コンペでドラコン賞をとりたいなら、このドライバーです。

新聞・テレビ・雑誌に取り上げられている話題の高反発ドライバー「ハヤブサ」の特徴、評価、口コミ、中古品情報、試打方法など、徹底的に調査しました。

 

 

高反発ドライバーまとめ

競技では使えないという理由から、「高反発ドライバーはずるい!」と批判する声もある中、最近では、利用者数はどんどん多くなり、今ではさまざまなゴルフメーカーから発売されているのですから、「やはり、ゴルフの醍醐味である飛ばすことの快感」を誰しもが味わいたいのでしょう。

高反発ドライバーは、もう一度、ドライバーで、思いっきり、気持ち良く飛ばしたいというシニアゴルファーの強い味方になってくれることでしょう。

  • 若いころの飛距離がまた打てるようになった!
  •  若い人も交じったコンペでドラコンを獲れた!

などなど、高反発ドライバーの「凄さ」は口コミでもお墨付きです。

もちろん、若い人でも、「パワー不足で飛ばない・・」、「いつも人より飛距離で置いていかれる・・・」そんな悩みをお持ちなら、この高反発ドライバーはおススメです。

 

高反発ぶっ飛びドライバー「ハヤブサ」の評価はこちらで詳しく紹介していますので、あわせてご覧ください。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

1 個のコメント

  • 私も81歳ですし、飛距離は若い時は240ヤード以上でしたが今はせいぜい180ヤードです。
    高反発加工を施しプレーしておりますが。計算上26ヤード飛距離アップが僅か5ヤードです。
    それよりもシャフトをLにしてしなりで飛ばす方が飛距離アップに繋がります、あるいはドローボール
    を習得して打った方が断然飛びます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)