初心者ゴルファーがアプローチをクロスハンドグリップで行う5つのメリット!

 

アプローチが苦手でスコアを崩してしまうゴルファーは少なくありません。

アプローチが得意とまでならなくても、グリーン周りを行ったり来たりしなくなるだけで、スコアはグーンと縮まるものです。

ただ、アプローチの練習しても、ラウンド本番ではトップやザックリの繰り返し…。

そんなあなたにクロスハンドでのアプローチをご紹介します。

・・・普通のアプローチが上手くいかないのに、クロスハンドなんてっと思っているあなた!

クロスハンドだからアプローチがうまくいくのです!

ということで、「初心者ゴルファーがアプローチをクロスハンドグリップで行う5つのメリット」をご紹介します。

 

クロスハンドグリップとは?

クロスハンドグリップとは、右利きの人の場合は左手が下で右手がグリップエンドにくるグリップの握り方です。パターの際に使用されることが多いグリップの握り方でもあります。

 

アプローチをクロスハンドグリップで行う5つのメリット

 

手打ちを防止できる

1つ目のメリットは、クロスハンドグリップにすると手首が固定されるため、手打ちを防止できる点です。

手打ちとは、体の回転や体重移動などよりも手の力を頼りにクラブを振って打つ間違ったスイングです。

正しいスイングは腕と体の同調でスイングすることになります。

通常のグリップでアプローチショットをすると、始動の段階から手首を動かしやすいため手の力を使った手打ちになり、ショットの飛距離調整が安定しません。

しかし、クロスハンドグリップにすることで、始動からグリップエンドがおへその向きになり、ショットの動きに同調した状態を自然にキープできます。

これにより初心者でも簡単にアプローチショットの再現性を高めることができます。

 

ストレートなスイング軌道が作れる

2つ目のメリットは、ストレートなスイング軌道を自然と作れる点です。

クロスハンドグリップにすると手首が固定され、自然と真っすぐに引いて真っすぐに打ち出すことができ、ストレート軌道でアプローチショットを打つことができます。

アプローチショットで左右に曲げるミスが多い人には特に効果的です。

スイング軌道がアウトサイドインかインサイドアウトのため、インパクトの瞬間にクラブフェースが真っすぐ向いた状態になっていないことが曲がりの理由です。

そんな人は、強制的に真っすぐストレート軌道にしか打つことができないクロスハンドグリップはとても効果的です。

 

番手の変更でキャリー&ランの比率を変えられる

3つ目のメリットは、クラブの番手を変更するだけでキャリー&ランの比率を簡単に変えることができる点です。

初心者ゴルファーがアプローチを苦手な理由は、イメージした弾道を打つことができないためです。

多少のゴルフ経験があれば、このシチュエーションに必要なアプローチショットのイメージは浮かべることができるはずです。

しかし、残念ながら技量不足でイメージ通りのアプローチショットを打つこと出来ないのです。

そんな初心者のアプローチストレスを、簡単に解消できるのがクロスハンドグリップです。

クロスハンドグリップにすることで体の動きに同調したスイングが自然と行えるため、クラブの番手を変えるだけで自分のイメージ通りのショット打てます。本来のクラブが持つ力を番手通りに発揮することができるということです。

  • サンドウェッジ(SW)・・・キャリー7:ラン3
  • アプローチウェッジ(AW)・・・キャリー6:ラン4
  • ピッチングウェッジ(PW)・・・キャリー5:ラン5

一般的なウェッジのキャリーとランの比率です。

クロスハンドグリップで打てば、この通りのキャリーとランの比率を実現可能です。

 

クラブの振り幅で飛距離の調整が可能

4つ目のメリットは、クラブの振り幅の大きさを変えるだけで飛距離の調整が簡単に可能になる点です。

先ほどのキャリーとランの比率と同じように、初心者にとってアプローチの距離感をイメージ通りに出すのは難しくミスになりやすい理由です。

そんな難しいアプローチの距離感も、クロスハンドグリップにするだけで手元が固定されスイングのリズムとテンポが一定になりクラブの振り幅調整が安定します。

一般的なアプローチウェッジの振り幅と飛距離の関係です。

時間表記は時計の針を表します。

  • 10ヤード:5-7時
  • 20ヤード:4-8時
  • 30ヤード:3-9時

クラブの振り幅を時計の針と同じと考えて振ってみましょう。

もちろん個人差があるので、自分の振り幅と飛距離の関係を数値で理解することが大切です。

 

手を使った下手投げと同じイメージで練習ができる

5つ目のメリットは、手を使った下手投げと同じイメージをアプローチで持つことができるという点です。

ゴルフボールを下手投げで投げてみたことがありますか?

この下手投げの際に腕を振り上げますが、この振り上げの大きさがクラブの振り幅と同じになるのです。

 

まとめ

以上「初心者ゴルファーがアプローチをクロスハンドグリップで行う5つのメリット」をご紹介しました。

「クロスグリップなんて…」と思っても、実際にやってみると意外にミスなく打てることがお分かり頂けると思います。

もしアプローチでグリーン周りを行ったり来たりしているなら、試してみる価値はあるのでは!?

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)