アメリカ式!ゴルフ100切りのための10のポイント

スポンサーリンク

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

「ドライバーがまともに当らない!」

「ドライバーが大きくスライスする!」

「ドライバーが全然飛ばない!」

「アイアンでダフったり、トップする!」

「アイアンでシャンクする!」

「どのアイアンでも飛距離があまり変わらない」

「バンカーショットがでない」

「パターで3パットばかりする」

「ティーショットは空振りやチョロ!」

「ミスショットばかりで恥ずかしい」

「練習しているけど、なかなか上達しない」

「会社の“つきあいゴルフ”には気が乗らない」

「コンペに出ても“参加賞”しかもらったことがない」

「ゴルフ仲間に勝ちたいけど勝てない」

「長年ゴルフをやっているが、全然100が切れない」

では、ここでお聞きします。あなたの『1年前のゴルフの悩み』は何ですか?

思い出しましたか?

もしかしたら、その悩みって「今の悩み」と同じではありませんか?

もしあなたが一生懸命練習しているのに、「1年前と悩みが同じ!」であるならば、ゴルフの練習方法が間違っている可能性が大きいということになります。

実は、某ゴルフ雑誌の調査によると、多くの100切りできないゴルファーは、「1年前の悩み」と、「今の悩み」がほとんど変わっていないという結果が出ているのです。

ゴルフを始めた人にとって、最初の壁とも言われる「100の壁」。
でも「半年で100切りできる方法」があるならば、知りたいですよね?

もしあなたが「そんな簡単な方法あるわけがない」と考えるなら、あなたはかなり遠回りしています。

あなたが、この100の壁を乗り越えられずに、悩んでいるなら、ぜひ読んでください。

 

どうしたら、ゴルフで100切りできるのか

では、どうしたらゴルフで100切りできるのでしょうか?
実は、「練習しているのに上達しない」人には共通点があるのです。

「練習しているのに上達しない」人には共通点とは、

・「ゴルフが上達しない方法で練習をしている」ということ
「ゴルフで100切りするために“必要なこと”以外のことをしている」ということ。

詳しく説明しましょう。

ゴルフが上達しない練習法とは?

上達しない方法で練習をしていると、ゴルフの上達の道を遠回りをしているようなもの。
いつまでたっても、ゴルフが上手くならないという結果になってしまいます。

でも、あなたが、この「上達しない方法」をやめて、100切りのための最低限必要なことを習得すれば、間違いなく、しかも短期間で、100切りできます。

では、「上達しない方法」とは、どういったものなのでしょうか?

それは、「まっすぐボールを飛ばすために、考えながらスイングし、一生懸命練習場でボールを打つことを繰り返すこと」

驚きましたか?

あなたが当たり前のようにしているこの練習は「ゴルフが上達するための練習」ではありません。「ゴルフが上達しない練習」なのです。

なぜなら、

まっすぐなボールを打つために、正しいスイングを覚えようとする

28(小)

スイング理論を学ぶ

28(小)

スイングを矯正する

28(小)

一時的に球がまっすぐ飛ぶが、また曲がりだす

28(小)

スイングを矯正する

28(小)

微調整を繰り返した結果、変な動きのぎこちないスイングになる

28(小)

『練習を繰り返しても上達しない!』

ジュニアゴルファーたちは、ゴルフのスイング理論は学びません。
正しいスイングを覚えることが、イコール、ゴルフ上達のポイントではないのです。

そうです。ゴルフのスイング理論は、ゴルフで100切りするためには、必要ないことなのです。

難しい考えや難しい技術の習得、巷(ちまた)にあふれたスイング理論は、ゴルフで100を切るためには関係ないものがとても多いのです。

そんな知識や理論は、“ゴルフ100切り”のためには、むしろ邪魔。

だから、このサイトは、あなたに短時間で効率的に、100切りをしてほしいので、「ゴルフ100切り」に特化した内容となっています。

100切りのポイント以外の余計なことは一切書いていません。

この100切りのポイントに従って、ゴルフの練習やラウンドを積み重ねていけば、近い将来、あなたは、必ず100切りできます。

100切りできれば、ゴルファーとして1つの「大きな壁」を越えたことになります。

想像してみてください。

もしあなたが100切りできたなら・・・・
「どんなゴルファーとのラウンドも恥ずかしくありません。」
なぜって?
90台でラウンドできれば、シングルゴルファーと1ホールで1~2打ほどしか変わらないわけですから。

想像してみてください。
もしあなたも100切りできたなら・・・・
「コンペで上位入賞し、賞品をゲットできるかもしれません」
なぜって?
新ペリア方式なら、90台でラウンドできれば、優勝だって可能だからです。

想像してみてください。
もしあなたが100切りできたなら・・・・
「80台のスコアも夢ではありません。」
なぜって?
ゴルフは、自信を積み重ねるスポーツです。100切りできれば、90切りは難しくありません。

あなたも、正しい練習を繰り返すことで、簡単に100切りできるようになるのです。
でも、ただ読んだだけで100切りできるはずはありません。

しっかりゴルフの練習することは必要です。あなたも100切りの仲間入りをはたるには、しっかり練習することは必要なのです。

”いいかい、ゴルフにも、人生にも近道なんてないんだ。一生懸命努力するしかないんだよ。ゴルフは努力を続けた分だけ結果が出るんだ。”
~ タイガー・ウッズ ~

 

アメリカ式!ゴルフ100切りするための10のポイント

ただ、練習をするといっても、やみくもにボールを打ってもゴルフは上達しません。スコア100切りを目指すためには、100切りするための必要なコツを知ってから、練習することがとても大切です。

100を切るために必要なことを押さえずに、ただやみくもに練習をしたり、クラブを買い替えたりしても、100切りにはつながりにくいのです。

日本でのゴルフレッスンには、順番があります。

いろいろなゴルフの本でも、ゴルフのサイトでも、最初にグリップの握り方から始まり、アドレスの姿勢、7番アイアンを使ってクラブの振り方を覚えていくというのが、一般的な方法です。

つまり、どのレッスンにおいても、「フルスイング」からスタートするのです!

ゴルフクラブを持ったこともない、ゴルフボールを打ったこともない人が、「フルスイングの形」を教わったところで、うまく当たるはずがありません。

一方、アメリカのゴルフレッスンでは、いきなりフルスイングではなく、まずはじめに、「パター」から教えるのです!
練習グリーンで、まず1ヤードのパットを打たされるのです!

ゴルフ初心者でも1ヤードのパットなら、カップインできます。
ゴルフの楽しさがわかると同時に、1ヤードのパットの難しさもわかります。

1ヤードが入るようになったら、今度は、ロングパットを打たされます!10球中5球が、カップから1ヤード圏内に寄ればよれば合格となります。

そして、パットの次は、チップショット。
チップショットは、日本でいうランニングアプローチに当たります。アメリカには、ランニングアプローチという言葉がありません。

8番アイアンや9番アイアンを使って、10ヤード先のカップを狙います。

すでに、パットの練習で転がすイメージができあがっているので、アイアンを使って、転がして寄せることに、何の抵抗もなく、意外に早くマスターしてしまいます。

ランニングアプローチができるようになってくると、転がす距離を伸ばしていきます。
アプローチウェッジなどロフトの多いクラブでを使ってボールを打っていきます。

ロフト角がある分ボールは「勝手に」上がりますが、アメリカ式レッスンの凄いところは、、すでに「ボールを上げる意識がない」ということです。

「ボールを前に進ませる」という意識がしっかりできあがっているため、アプローチウェッジを持っても、「上げよう」とう意識が出ないのです

ショットもパターの延長線上であって、パットのように、狙った目標に向かってボールを前進させるという感覚がすでにできあがっているのですね。

 

さらに、スイングのふり幅を大きくしていき、その延長としてフルスイングができあがるということ。つまり、ドライバーのフルショットも、パットの延長とうこと。

ゴルフ初心者は、パターのような優しいクラブから打ち初めたほうが、ゴルフは効率よく上達するでしょう。

「7番から作るのではなく、パターから作る」

アメリカ式レッスンは、ゴルファーが効率よく上達する上で非常に理にかなっているのです!

日本の場合は、綺麗なスイングを身につけ、きれいな球を打つことが、目的になっています。でも、それが、ゴルフ上達の妨げになっているということに気づいてください。

アメリカ式ゴルフの考え方は、スイングがどうの、ボールがどうのではありません。
「いかに少ないスコアでホールアウトするか」を最も重視しているのです。

だから、アメリカ式レッスンでは、ゴルフ初心者には、まずパターの重要性を知ってもらうのです。

ゴルフのキャリアが長いけど、なかなか100切りできないという人は、アメリカ式レッスンを参考にして、「1ヤードのパット練習」から出直してみてください。
きっと効率のいい上達を実感できると思います。

それでは、アメリカ式のゴルフレッスンを始めます!

アメリカ式ゴルフレッスンの順番で、効率よく、100切りするための必要最低限のポイントを押さえて、そのポイントを練習するだけで、簡単に100切りすることができます。

このサイトでは、ゴルフを始めたての初心者の方でも、最短で100を切るために、押さえておきたい100切りのコツとその練習、そしてクラブの選び方まで、順序立てて説明していきます。
Pointを理解しているだけで、遠回りせずに、100切りできますので、あなたもこのポイントを押さえて、効率的に、スコア100の壁を乗り越えてください。

Point:1 パッティングのポイント

パッティングのポイントは、「パターの距離感を掴むこと」と「しっかりミートすること」です。

3パットが激減する!パターが上達する4つコツ

2017年1月7日

もうショートパットは外さない!パターの方向性を良くする3つの方法

2017年1月24日

ゴルフ初心者必見!簡単にできるパターラインの読み方4つの方法

2017年1月23日

絶対に欠かせないラウンド前の効果的なパター練習方法

2017年1月16日

もう3パットは打たない!パットの距離感を掴む5つの方法

2017年1月16日

自宅での練習でライバルに差をつける! 自宅でできるパターの練習方法

2017年1月15日

プロゴルファーが実践するパター練習法

2017年2月12日

 

Point:2 アプローチのポイント

100切りのためには、難しいアプローチは必要ありません。100切りのためには、「転がすアプローチを覚えること」です。

ゴルフアプローチ完全攻略マニュアル!確実にピンに寄せる7つのコツ

2017年1月12日

多くの人が勘違い!ゴルフのアプローチの距離感をつかむ練習方法

2017年1月26日

【動画で学ぶ】確実に寄る!ランニングアプローチ6つのコツ

2017年1月31日

たった2つのポイントで簡単に直る!アプローチのシャンクの直し方!

2017年2月1日

 

Point:3 正しいグリップで握り、正しいアドレスをとること

Step:1 グリップ

これだけ読めば完璧!【図解】ゴルフのグリップ左手の握り方7つのポイント

2016年12月23日

右手親指、人さし指もすべて解決!ゴルフのグリップ右手の握り方5つのポイント

2016年12月31日

 

Step:2 アドレス

ゴルフはアドレスが命!完璧なアドレスをとるための9つのポイント

2017年1月2日

 

Step:3 アライメント(方向性)

90%のゴルファーはアドレスの向きが間違っているという事実

2017年1月29日

ゴルフのスコアが確実に5打縮まる!イボミから学ぶプレショットルーティン

2017年1月28日

 

Point:4 基本練習を繰り返すこと

これだけで絶対100切りできる!ゴルフのハーフスイング練習法

2017年1月25日

1日5分半年やれば10打は縮まる!ゴルフスコアアップにつながる素振りのやり方とは?

2017年1月10日

自宅でゴルフがぐんぐん上達!室内できる素振りを一挙公開!

2017年1月11日

 

Point:5 コースマネジメントのポイント

ゴルフ初心者でも簡単にできる!6つのコースマネジメント

2017年1月26日

 

Point:6 ティーショットのポイント

知って得する!ゴルフのティーショット14のルール

2017年4月1日

ゴルフ初心者でも簡単に実践できるドライバーの打ち方3つのコツ

2017年3月25日

明日のゴルフコンペに間に合う!朝一のティーショットを成功させる3つの方法

2017年2月28日

成功率が大きく変わる!ゴルフのティーショットの位置7つのポイント

2017年2月27日

 

Point:7 トラブルショットのポイント

傾斜地の打ち方とボール位置が覚えらない人へ!傾斜地の打ち方たった3つのポイント

2017年1月28日

バンカーから1発で脱出できる!バンカーショット3つのコツ

2017年2月9日

絶対にダフらない!フェアウェイバンカーからの打ち方4つのポイント

2017年2月13日

 

point:8 フィジカルのポイント

ゴルフの飛距離アップに筋トレは必要か?

2017年2月13日

 

Point:9 ゴルフ道具のポイント

100切りのポイントは、「自分にあった道具を選ぶこと」がなにより大切です。

グリップ交換のポイント

グリップ交換でこんなに変わる!ゴルフのグリップ知っておくべきの6つの知識

2017年2月10日

ゴルフグリップ交換料金が一番安いのは?ショップ別グリップ交換料金徹底比較!

2017年2月23日

 

ドライバー選びのポイント

ゴルフ上達は道具選びから!初心者のドライバーの選び方4つのポイント

2017年3月13日

 

UT・FW選びのポイント

徹底比較!ユーティリティーとフェアウェイウッドの違いとは?

2017年3月17日

 

アイアン選びのポイント

初心者必見!あなたにあったゴルフのアイアンの選び方6つのポイント

2017年3月20日

 

ウェッジ選びのポイント

アプローチのウェッジはどう選ぶ?ウェッジの選び方5つのポイント

2017年2月15日

 

パター選びのポイント

意外と多いゴルフのパターの種類!あなたに合ったパターを選ぶ5つのポイント

2017年1月19日

 

ボール選びのポイント

そのボールでは100切りできない!初心者のためのゴルフボールの選び方

2017年2月3日

 

ゴルフグローブ選ぶのポイント

失敗しない!ゴルフグローブの選び方7つのポイント

2017年2月12日

 

Point:10 ゴルフ服装のポイント

短パン・ヘソだしってOK?行き帰りは?ゴルフの服装&マナー

2017年2月21日

女性目線!イケてる男性ゴルファーにおススメな秋冬ゴルフの服装

2017年3月2日

女性目線!イケてる男性ゴルファーにおススメな春夏ゴルフの服装

2017年3月1日

女性ゴルファーにおススメ!秋冬のゴルフの服装

2017年2月25日

女性ゴルファーにおススメ!春夏のゴルフの服装

2017年2月24日

 

その他のゴルフ100切りポイント

スコアアップに効果的なゴルフ練習場での練習方法6つのポイント

2017年1月13日

初めての打ちっ放しでも大丈夫!ゴルフ練習場の利用する上で知っておくべき6つのポイント

2017年1月1日

ゴルフ練習場経営者が教える!知らないと損するゴルフ練習場の賢い使い方

2017年1月1日

ゴルフ上達革命!4スタンス理論がすごすぎる理由!

2017年1月27日

 

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です