女性ゴルファーの平均スコアは?女性が100切りするために必要な8つのこと

スポンサーリンク

ゴルフ場で女性ゴルファーを見かけることも多くなってきましたが、まだまだ男性ゴルファーに比べるとその数は多くはありません。

いったい女性ゴルファー人口はどれくらいいるのでしょうか?

そして、女性ゴルファーの平均スコアはどれくらいなのでしょうか?

今回は「女性ゴルファー」のために、「女性ゴルファーのゴルフ事情」と「女性ゴルファーが100切りするための方法」をご紹介します。

 

女性ゴルファー人口と平均スコア

元々ゴルフは男性が行うスポーツでした。

女性のプレーを禁止するゴルフ場、ゴルフ場のメンバーになれるのは男性だけなどの、女性差別が多く存在してきたのもそのためです。

このような男性主体のスポーツとして発展してきたゴルフなのですから、当然アマチュアゴルファーの割合も男性が多くを占めます。

日本の場合、「男性が9割、女性が1割と言われています。

この割合を見れば歴然ですが、ゴルフコースやゴルフ練習場にいる女性も少ないのです。

 

また、「女性のゴルフスコアの平均は110程度」と言われています。

半分以上の女性がこれよりスコアは良くないと考えてよいでしょう。

そのため、女性ゴルファーの中で上級者と言える人はかなり少数です。

 

女性ゴルファーが100切りするための方法

 

100切りしている男性を目標としない

まずはじめに、お伝えしておきたいことがあります。

それは、100切りしている男性を目標としないこと。

100切りしている男性を女性が真似しようとするのは無理があります。

男性と女性では平均飛距離やスイングの特徴が大きく異なります。

よって男性上級者を真似しようと女性初心者がすると、無理なスイングになり結果はよくなりません。

 

男女の飛距離の違い

一般的なアマチュア初心者のドライバー飛距離は、男性で210ヤード、女性で150ヤードと言われています。

ドライバーだけではなく、7番アイアンでも男性が120ヤード、女性が65ヤードと平均飛距離には差が出ます。

よって、同じ残り距離でも攻め方(コースマネージメント)は大きく異なります。

 

男女のスイングの違い

男女では使用するクラブが違います。

シャフトの硬さ、クラブの長さが変わり、さらに男女の力の違いが働くため、ヘッドスピードが大きく異なり飛距離も変わります。

ただし女性の方が柔軟性に優れているため、捻転差を大きく作ることができます。

よって、女性は体の回転をしっかり使うスイングを身につけることが一般的に飛距離アップにつながると考えられています。

 

スリムな体型系が理想なのかマッチョな筋肉質になっても良いのか

先ほど男女の違いをお話ししましたが、もちろん少しでも男性に近づくために筋力アップをして鋼の肉体を手に入れたいのであれば、どんどんチャレンジしてみてください。

プロゴルファーのような肉体を手に入れることが手っ取り早いことは確かです。

しかし、多くの女性アマチュアゴルファーは筋力アップして体が大きくなることを嫌がります。

スリムで可愛らしい女性らしい体型を維持したままゴルフの上達をしたいと考えています。

そうであれば、ますます男性ゴルファーを真似するのではなく、女性でも100切りできる方法を追求していくべきなのです。

 

季節で諦めも必要

女性は体力的に考えて、1年中いつでも100切りしようとすることには無理があります。

猛暑の夏場、寒い冬場のラウンドは体に負担が大きい時期です。

そんな時季は、ベストスコア更新が難しいとされます。

100切りにオススメの季節は、10〜11月の秋です。

気温は適温で暑くも寒くもなく快適です。

さらにラフの芝生が枯れてきているため、ラフからでも適度なボールの浮きがあり、ミスショットを軽減できます。

フェアウェイも乾燥していて転がるので、ランを稼ぐことができます。

空気も乾燥しているため、ボールの飛びも良いのが最高です。

夏場の厳しい環境でプレーしていれば、なおさら秋のラウンドは快適に感じるでしょう。

夏の芝は元気いっぱいに生えており、そうそう簡単に出すことができません。

フェアウェイは湿気があり、ボールが転がりません。

何より暑さで体力を奪われる過酷なラウンドです。

そんな夏場のラウンドを練習だと思って乗り越えられれば、きっと秋のベストシーズンに100切りを達成することができるでしょう。

 

柔軟性を生かしたスイング作り

筋力アップは体にラインに影響してしまいますが、柔軟性アップならば問題ありません。

男性の筋力との差は、この柔軟性で補うのです。

 

肩甲骨の柔軟性は腕の可動域を広げる

ゴルフスイングで一番大事なのは、肩周り肩甲骨の柔軟性です。

もっともポピュラーなストレッチは、ゴルフクラブの両端を持ち上げ、肩甲骨を引き寄せながら、頭上から背中に腕を後方に持っていく動きです。

Stretch it out! After his win on Sunday, @db_straitvibin moves up to No. 24 in the world heading into the #USOpen

Callaway Golfさん(@callawaygolf)がシェアした投稿 –

ゴルファーなら一度はやってみたことがあるのではないでしょうか。

慣れてきたら、ひじを曲げずに行うと効果がアップします。

ムリをしないように注意しましょう。

 

股関節の柔軟性アップで力強いスイング作り

股関節の柔軟性は絶対に必要です。

もっとも簡単なストレッチは、ゴルフスイング幅に足を広げまっすぐ姿勢をキープしながら腰を落とします。

最大限に腰を落としたら、膝を外内に広げたりくっつけたりします。

この膝の角度を大きくできるようになれば、柔軟性アップと言えるでしょう。

 

ティーショットは正確性

女性は男性のような飛距離狙いではなく、真っ直ぐに飛ばすことを優先させましょう。

前に紹介したような柔軟性アップに取り組めば、アマチュアの女性でもドライバーで200ヤード弱くらい飛ばせるようになります。

しかし、ここで左右に曲げてしまっては意味がありません。

ドライバーの練習を常にフルスイングでのみ行っている人がいますが、あまり意味がありません。

ドライバーは飛距離よりも正確性を優先させましょう。

間違ったスイングを繰り返すのではなく、まっすぐ振り上げてまっすぐに振り抜くオンプレーンスイングをしっかり身につけることを優先しましょう。

 

使用するクラブを絞る

ゴルフクラブには様々な種類があります。

それぞれ長さや重さが違います。

ゴルフ初心者がミスショットをしてしまう原因は、種類の違うクラブを使うためです。

長いクラブから短いクラブに変え、また長いクラブを振る、このクラブを変えるタイミングにミスショットが発生します。

そこで、使用クラブはある程度絞ってしまいましょう。

これだけでも100切りはできます。

必要な飛距離も無理のない程度で十分です。

  • ドライバー(175ヤード)
  • 5番ユーティリティー(110ヤード)
  • 7番アイアン(90ヤード)
  • ピッチングウェッジ(60ヤード)
  • サンドウェッジ(50ヤード)
  • パター

まずは、ドライバーと5番ユーティリティー、7番アイアンの自分の飛距離をよく理解して、ミート率を上げましょう。

「大きなミスショットはしない」といえるくらい「得意クラブ」という認識を持てるようになるくらいまで練習しましょう。

7番アイアンが得意になれば、8番9番のアイアンは自然と打てるようになります。

フェアウェイウッドはあっても良いですが、平地で打ちやすいフェアウェイでしか使用できないため、1ラウンドでも数回しか使いません。

登場回数が少ないクラブには不安が走り、ミスにつながりやすくなります。

また、傾斜地などのトラブルに入ったら、アイアンで脱出することを重視しましょう。

絶対に飛距離を狙いに行ってはいけません。

 

アプローチを重点的に

アプローチ用のクラブはいろいろ存在しますが、先ほども言ったように初心者はクラブが増えるほどにミスショットが出やすくなるので、まずはピッチングウェッジとサンドウェッジを確実に使いこなしましょう。

それでもアプローチの距離感が苦手ならば、ピッチングウェッジ一本に絞りましょう。

サンドウェッジには、「バンス」という機能がついていて、リーディングエッジが地面から浮いているため、トップしやすいクラブです。

50ヤード、40ヤード、30ヤード、20ヤードの4種類の距離をピッチングウェッジで確実に打ち分けられるように練習します。

アプローチではグリーンのどこでも良いから必ず1回でグリーンオンを目標にするくらいの意気込みで挑むことが大切です。

 

2パットを徹底する

これは男女関係なく鉄則ですが、グリーン上では必ず2パット以内に収めましょう。

ロングパットは無理に入れに行くのではなく、1m以内に寄せることが大切です。

アプローチやパターは男性に女性が勝てる瞬間です。

飛距離で負けてもアプローチとパターがしっかりしてれば、男性をスコアで負かすことができます。

パターは自宅で練習可能な要素の一つです。

地道な反復練習がものをいいますので、ここは努力です。

 

簡単に実施できるコースマネジメント

最後は「気楽に考えること」が大切です。

数字上で言えば、ダブルボギーとボギーが半々で99なので、100切りが達成となります。

「ダブルボギーとボギーが半々で100切り達成!」そう考えるとなんだかいけそうな気がしてくるはずです。

ダブルボギーかボギーで上がるための簡単にできるコースマネジメントをお教えします。

 

ロングホール

ロングホールのミスは、はるか遠くにあるピンを見て、飛距離をかせごうとし、飛ばそうとすることで起こります。

ドライバーとユーティリティーでは、思い切り飛ばす必要はありません。

ロングホールのヤーデージは、レディースティーから400ヤード程度です。

つまり…、

ドライバー(150ヤード)→5番ユーティリティー(110ヤード)×2

上手くいけばここからアプローチとツーパットでボギーです。

あとはロングホールの形状です。

曲がっている、池がある、バンカーがある、そこを上手く調整してトラブルに巻き込まれない選択をしましょう。

 

ミドルホール

ミドルホールのヤーデージは、レディースティーから300ヤード程度です。

ドライバー(150ヤード)→5番ユーティリティー(110ヤード)

この時点でグリーン手前まで行けるはずなので、あとは正確なアプローチが1回でグリーンオンして、2パットでボギーです。

 

ショートホール

ショートホールはパーが狙えるホールです。

ティーショットがまっすぐに打てれば確実にグリーンオンできますので、やはり方向性を重視しましょう。

ここでパーが取れれば、ロングホールでのトリプルボギーやミドルホールでのダブルボギーを取り返せます。

しかし、「欲は禁物」です。

グリーン周りにバンカーやOBがあるサイドは避けるなど、リスク回避を考えたコースマネジメントが必要となります。

ショートホールのグリーン周りの状況によっては、ボギー狙いで十分です。

 

まとめ

今回は「女性ゴルファーが100切りするための方法」をご紹介させていただきました。

女性で100切りできれば、それだけで「相当な腕前」ということになります。

ぜひ、ここでご紹介した方法をご参考に100切りしちゃってくださいね!

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です