自宅でできる正しいゴルフスイングを身につけるドリルとは?

スポンサーリンク

 

「コツを掴んだ!」

「なんとなく、わかった!」

と思っていたのに、次のラウンドや練習では、上手くいかず、どうやるんだっけ・・・、

このような経験はありませんか?

 

私も何度も経験がありますが、ゴルフは「忘れる」スポーツなのです。

また、ゴルフは感覚で覚える点が多いので、前回掴んだはずのコツをもう一度実践することが難しいのです。

レッスン本に書いてあることをそのまますぐに体で実行できるなら苦労はしませんよね?

 

そんなあなたは…、

スローモーションでスイングする

というドリルを試してみて下さい。

 

スローモーションでスイングすると、

  • ごまかしが効かないのでしっかりとポイントをチェックできる
  • 感覚的なものを頭で理解できる
  • 自宅で雨の日でも練習できる

などのメリットがあり、正しいスイングを身につけるためには最高のドリルになります。

今回は、スローモーションでスイングするドリルを紹介します。

スポンサーリンク

スローモーションスイングとは?

スローモーションスイングとは、クラブを持たずにゆっくりとスイングをするというドリルです。

スローモーションでスイングするというと、宮里藍選手の「太極拳スイング」が有名ですね。

太極拳スイングは、クラブを持ってスイングしますが、あのようなイメージです。

 

スローモーションスイングのやり方

仮想のボールを想定して、極端にゆっくりと、バックスイング → トップ → ダウンスイング → フォローとスイングを行います。

やってみると分かると思いますが、スローモーションでスイングするって結構キツイです。

ポイントは、出来る限り「ゆっくりスイングすること」です。

20秒から始めて慣れてきたら1分以上かけてスイングすると良いですね。

 

また、正しいスイングをすることも重要なポイントです。

どのタイミングでコックを入れるか、どのタイミングで切り返すか、体の動かす順番はどのような順番かなど、しっかりと正しいスイングをスローモーションで行うことで、脳に正しいスイングをインプットさせることができます。

いい加減にスローモーションスイングをしていると、間違ったスイングをインプットしてしまうことになるので注意しましょう!

 

スローモーションドリルのメリット

レッスンの神様と言われたハーヴィー・ペニック、上田桃子プロを育てた江連忠、宮里藍選手など多くのゴルファー、ゴルフコーチが推奨している練習方法です。

多くのメリットがなければ、これだけゴルフ界で著名な人が勧めませんよね?

実際に、スローモーションドリルは、今まで感覚だけでやっていた部分を頭で理解することができるので、掴んだコツをしっかりとインプットできます。

掴んだコツを自分のものにするには、スローモーションドリルが最適なのです。

調子を崩した時に、スローモーションスイングで自分のスイングをチェックすることもできまるのも、大きなメリットですね。

宮里藍選手の太極拳スイングの動画レッスンはこちらでご紹介しています。注意するポイントもまとめていますので、合せてご覧ください。

宮里藍の練習方法は口にポテチ!アマチュアがマネしたい5つの練習法

2017年6月10日

 

まとめ

正しいスイングを身につけたければ、素振りなど「ボールを打たない練習方法」を実践するべきです。

ボールを打つことでスイングではなく、ボールに合わせてしまい正しいスイングができなくなるからです。

まあ、今回紹介したスローモーションドリルは、ボールも打ちませんし、地味な練習でやっていると結構キツイです。

でも、自分のスイングを分析し、正しいスイングに変換していくには最も効果的なドリルであると言って良いかと思います。

スローモーションスイングドリルのポイントは、

  • できる限り、ゆっくりスイングする
  • 正しいスイングをする

この2点を意識して行うとより効果的な練習方法となるはずです。

スローモーションスイングドリルは、家でもできる練習方法です。

地味な練習かもしれませんが、このようなつまらないドリルを反復して練習することが、ゴルフを上達させるためには必要です。

 

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です