パターでスコアを崩してる?パットが上達する6つのポイント

 

ラウンドを振り返って、ミスショットは少ないし、ドライバーのOBもなかったのに何故かスコアがいつもより悪い…。

そんな時は、大体パターが入っていないことが多いですよね?

3パットや4パットは、確実にゴルフのスコアを崩します。

パターが得意になれば、

  • ミスショットをパターでカバーできる
  • バーディーをとれるようになる
  • 取りあえず、グリーンに乗せれば何とかなるからアプローチが楽になる

などのメリットがあります!

今回は、パターが上手くなるためのポイントを紹介します。

 

パターが上手くなるためには基本が大事!

パッッティングラインの読み方

パッティングラインは、右に曲がるスライスラインと左に曲がるフックラインがあります。

要は、右に曲がるか、左に曲がるかを読む力が大事です。

ラインを読む要素は、傾斜と芝目がありますが、基本は傾斜だけ読めればOKです。

グリーンの傾斜を読むポイントは、遠くから見ることですね。

グリーンに上がる時に、手前から歩いて言ってグリーンがどちらに傾いているかを確認すると大体の傾斜がわかりやすいです。

パッティングラインの読み方はこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

ゴルフ初心者必見!簡単にできるパターラインの読み方4つの方法

2017年1月23日

 

まっすぐ打てるようになること

ラインが読めるようになっても、そこにまっすぐ打てなければ意味がありませんよね。

意外とまっすぐ打つことは難しいです。

パターにも通常のショットと同じように引っ掛けや、プッシュをしてしまうことが多いですから、まっすぐ打つ練習をしましょう!

まっすぐ打つためのポイントは、パターをまっすぐ引いて、まっすぐ打つということが基本となります。

取りあえず、1~2mくらいまっすぐ打つ練習をしましょう。

このようなパターの練習はやればやるだけ上手くなります。

地味な練習ですが、自宅でも手軽にできる練習ですので是非練習してみて下さい。

パッティングストロークを安定させる方法はこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

ショートパットがポンポン入る!パターのストロークを安定させるたった2つの方法

2017年4月8日

 

タッチを合わせる

多少ラインを読み違えても、タッチさえ合っていればひどいことにはなりません。

特にロングパットを確実に2パットで上がるためには、パターのタッチを合わせることが重要です。

タッチを合わせるのは、基本的には「経験」が活きますが、重要なのは「イメージ」です!

 

下り傾斜では、「カップの手前のどこにボールを止めるか」

上り傾斜では、「カップの奥のどこまでボールを届かせるか」

ただなんとなくパットするよりも、このような明確なイメージを持つだけでも、結果は大きく変わってきます。

 

また、具体的なイメージを持つためには、「手でボールを転がすようなイメージ」を持つとタッチが合いやすくなります。

片山晋呉プロが、グリーン上、アンダースローで手を使ってボールを転がすような仕草をしている場面を見たことがありませんか?

毎回やるのは、ちょっと気恥しいかもしれませんが、ここ一番では試してみるとイメージが掴みやすいですよ!

タッチを合わせる距離感の掴み方はこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

もう3パットは打たない!パットの距離感を掴む5つの方法

2017年1月16日

 

あとは、リズムが大切です。

リズムを一定にするためには、「パターのスイングスピードを一定にする」と良いです。

 

初心者のゴルファーに多いのは、インパクトで急激にスイングスピードが上がるパターンですね。

俗に「パンチを入れる」などと言われるインパクトです。

一定のスピードでスイングをすることができれば、振り幅で距離感を合わせることができますから、オススメです。

パッティングリズムはこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

驚くほど入る!ゴルフのパターのリズムを一定にする3つのポイント

2017年4月15日

 

パッティングは、メンタルが大事!パターの心構え

パターは精神的にプレッシャーがかかりますから、常に平常心でパターを打つことが大事です。

大事なパットになればなるほど、精神的に緊張してミスが出やすい状況になってくるからです。

パターは、平常心で、同じリズム、同じアドレス、で打つことが重要です。

平常心でパッティングするためのポイントは・・

  • グリップの強さを変えない
  • ルーティーンを活用する
  • ボールの位置を変えない
  • 自信を持ってしっかりと打つ

などを意識してみてはいかがでしょうか?

 

ラウンド直前のパター練習場でやるべきこと

タッチを合わせる

ゴルフ場によって、グリーンのスピードは変わりますから、ラウンド前のパター練習場でのパッティング練習は重要です。

ラウンド前のパター練習場で必ずやって欲しいのは、タッチを合わせるということです。

まず、ラウンドするゴルフ場のグリーンが速いのか遅いのかを判断します。

それから、10歩と20歩の距離で、出来れば上りのラインと下りのラインをタッチが合うまで練習します。

朝一のパター練習場で、10歩の上り、下り、20歩の上り、下り最低この4つのタッチを合わせることで大体タッチが合ってきます。

 

1m、2mのパットをいろいろなラインから打つ

1m、2mの短い距離を下り、上り、スライス、フックなどのラインから打つ練習をしておくと良いですね。

2mくらいの距離は入れごろ、外しごろと言われる距離で、入りそうですが意外と外す距離です。

このあたりをしっかりと入れてくるゴルファーはスコアが良いですね。

まあ、パターは急には上手くなりませんが、ラウンド前の練習でこれくらいの距離をしっかりと入れておくと自信がついて、精神的に楽になるはずです。

ラウンド前のパッティング練習はこちらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

絶対に欠かせないラウンド前の効果的なパター練習方法

2017年1月16日

 

まとめ

以上、パターが上手くなる6つのポイントでした。

とにかく、スコアを良くしたければ、パターの練習をしたほうが効率的です。

パターの練習は、地味な練習ですし、反復練習になるのでつまらないですよね・・

でも、やっぱりスコアを決めるのは、パターなのです。

パターに関しては練習すればするほど上手くなります!

努力が実を結ぶのが、パターです。

ゴルフのスコアを良くしたければ、パターの練習をすべきです。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)