飛距離が10ヤードアップする!左脇を締める3つのコツ

 

「いくら練習してもドライバーの飛距離が伸びない…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

多くの時間をゴルフの練習に費やしているのに、ドライバーショットが飛ばないと、ついつい「自分の飛距離の原因はこのくらいで限界だな…」と諦めてしまいがちですが…、

諦めるのはまだまだ早いです。

私もそうでしたが、ゴルフはちょっとしたコツを掴むだけで飛躍的に飛距離がアップすることがあるからです。

ゴルフの飛距離が伸びれば、セカンドショトを1番手~2番手短い番手で打つことができるようになるので、パーオン率が上がるという大きなメリットがあります。

今回は、ドライバーショットの飛距離を伸ばすためのちょっとしたコツを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

振り遅れを改善できれば飛距離がアップする

飛距離を落とす大きな原因のひとつに「振り遅れ」があります。

振り遅れとは、テイクバックで開いたフェイスがインパクトでスクウェアな状態に戻ってこず、フェイスが開いたままボールに当たってしまうことです。

フェイスが開いたままボールに当たるので、スライスも出やすくなりますし、ボールが右方向へ出やすくなり方向性も安定しません。

いくらヘッドスピードが速くても、インパクトでフェイスを閉じることができなければ、ボールを飛ばすことができません。

右へのプッシュスライスを嫌がって、腕だけで無理矢理フェイスを返そうとすると、今度は引っ掛けやチーピンなどのフック系のミスが出やすくなります。

効率良くボールを飛ばすためには、方向性も大事になります。

このように飛距離アップをしたければ、まずは「振り遅れ」を防止することが大切です。

 

振り遅れを防ぐには

 

左脇は締める?

振り遅れの原因として挙げられるのが、インパクトで左脇が開いてしまうというパターンです。

インパクト時に左脇が開くと、フェイスを閉じにくくなり、ボールに効率的に力を伝えることができません。

逆に、切り返しで左脇が締まると、左手リードで打ちやすくなり、インパクトでフェイスを閉じやすくなるので振り遅れが改善できます。

左手リードでスイングをすることができれば、自然とボディーターンでスイングをすることができるようになりますので、手打ちの改善にもつながり、飛距離アップに期待ができます。

では、左脇を常に締め続けてスイングをするにはどうすればいいのでしょうか?

  • アドレスの時点でしっかり左脇をしめる
  • 左脇に挟んだタオルを落とさないようにスイングする

しかし…、

アドレスの時点から左脇を締めすぎると、スイングスタート地点で「力み」が入ってしまいますから、スムーズなスイングが難しくなります。

また、左脇にタオルを挟むレッスンでは、実は、さらなる飛距離ロスを招きかねない「落とし穴」にはまっている可能性があります。

左脇を締める意識を持ち過ぎる弊害は、こちらの記事がとても参考になりますのでぜひご覧ください。

>> ゴルフのインパクトでの左脇のポイント ~ゴルフ100切りの考え方教えます~

インパクトからフォローにかけての左脇の締め方を理解することはとても重要ですよ!

 

動きを筋肉に覚えさせる

宮里藍選手や石川遼選手が練習に取り入れて話題となった「太極拳スイング」は1回のスイングに1分以上の時間をかけて行うもの。

ゆっくりした動きを感じることで、その動きを記憶させる効果があるようです。

ボールを打つ練習で左脇を締めようと思ってもなかなかうまくできないあなたは、まずはこの太極拳スイングを行うのも効果的です。

「宮里藍選手の「太極拳スイング」はこちらからご覧いただけます。

>> 左脇締めも体感できる!宮里藍プロの太極拳スイング【動画付】

どうしても左脇があくクセが強いあなたは、太極拳スイングにおいて「左脇が締まった理想のフォロー」をしっかり意識しましょう。

下の画像は、300ヤード越えのドライバーショットを放つ池田勇太プロの「フォロースイング」です。


出典:みんなのゴルフダイジェスト

この大きなフォロースイングはあえて作るものではなく、スイングの結果できるものですが、フォローで左脇があいてしまう人は、この「フォローの形」をしっかり意識することは重要です。

  • 左腰は半回転
  • 頭をしっかり残す
  • 左わきを締める
  • 右腕はしっかり伸ばす

とにかく、フォロースイングでは、頭と腕が引っ張り合っている状態を意識して太極拳スイングを行うととても効果的です。

何度も何度もこのフォローの型をとっていくうちに、正しいフォローの形を体が覚えていきます。

 

左脇を締めるには片手打ち練習も効果絶大です!

ゴルフ上達に効果抜群!ゴルフ片手打ちの効果と3つの練習法

2017年8月26日

スポンサーリンク

まとめ

今回は、飛距離アップをするためのポイントについて紹介しました。

飛距離アップをするために改善しなければならないのは、振り遅れです。

振り遅れを改善するためには、切り返しで左脇を締める点を意識してみましょう。

インパクトで左脇が締まっているのと開いているのとでは、ボールの捕まりが全く違うので、驚くと思いますよ?

振り遅れのミスは、かなりのゴルフ上級者でも出るミスですから、改善するのは中々大変ですが、今まで振り遅れてフェイスが開いたままボールに当たっていた人が、フェイスを閉じてインパクトができるようになれば、ヘッドスピードが変わらなくても飛距離アップに期待ができるはずです。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)