即効性のあるスライス矯正ドリル!

スポンサーリンク

 

「調子が良かったのに、ラウンド途中で急にスライスが止まらなくなって、結局スコアが最悪になった・・」

このような経験はありませんか?

ラウンド中にスライスが出だすと、スライスが出ないように打ち方を変えたりしてもなかなか直りませんよね?

ティーショットがスライスばかりだと、飛距離も出ませんし、方向性も悪くなります。

スライスで連続OBなんてやると、もうティーショットが怖くなりますよね。

 

スライスを直すことで

  • 飛距離がアップする
  • 方向性が良くなる

などのメリットがあります。

一番良いのは、スイングを改善してスライスが出ないようにすることですが、スイング改善にはかなり時間がかかります。

また、スイング改善に成功したと思っていても、スライスは急に出るものですから、即効性のあるスライス克服方法をひとつ覚えておくと良いでしょう。

今回は、ラウンド中にスライスが止まらなくなった時にやるべきことを紹介します。

 

スライスする原因は大きく分ければ二つ!

スライスする原因は、大きく分ければ二つあります。

ひとつ目は、インパクトでボールに対してフェイスが正面を向かず、開いた状態でインパクトを迎えてしまうことです。

簡単に言えば、フェイスがアドレス時の状態に戻り切らないということです。

ふたつ目は、スイング軌道がアウトサイドインの軌道になってしまっていることです。

アウトサイドイン軌道とは、クラブがボールの外から降りてきて、体の内側に抜けるスイング軌道です。

卓球などでよく見るカット打ちのようなイメージですね。

このようなスイング軌道だとボールに右回転がかかってしまいます。

 

ですから、スライスが出た時は、

  • インパクト時にフェイスを戻す
  • インサイドイン、若しくはインサイドアウトのスイング軌道にする

という2点を意識することでスライスを克服できる可能性は高くなります。

この2点を直す即効性のあるドリルをご紹介しましょう。

 

スライス矯正即効ドリル

上半身の力みがスライスの原因

上記しましたが、インパクト時にフェイスが開いてしまうことは、スライスの原因になります。

インパクト時にフェイスが開いてしまうのは、上半身の力みが原因であることが多いですね。

「よーし、ここは飛ばしてやろう!」

と意気込んだ時ほど、スライスが出やすいと思いませんか?

これは上半身に力が入るとクラブのリリースが早くなるためです。

なので、スライスが出た時は、上半身はリラックスして、グリップの握りの強さもできる限り弱く握るようにします。

このように、上半身の力を抜くことで意識しなくても、クラブは自然とアドレス時の状態、つまり開いていない状態に戻るのです。

 

アウトサイドイン軌道を直したければ、インサイドアウトに振れば良い

アウトサイドイン軌道になっているかもしれない・・

と思ったら、インサイドアウトの軌道を意識することでスライスが直ります。

インサイドアウト軌道とは、アウトサイドイン軌道の真逆ですね。

体の内側からクラブが入ってきて、体の外側に抜けるようなスイング軌道です。

インサイドアウト軌道でスイングすることができれば、フックは出るかもしれませんが、スライスは出ないはずです。

インサイドアウト軌道で打つポイントは、まず、上半身をリラックスすることです。

腕の力が入れば入るほどスイング軌道はアウトサイドインになりやすいと考えて下さい。

左手1本でスイングするようなイメージで良いでしょう。

 

次に右足を踏み込みながら、内側から体の外側にクラブを振るようにします。

このようにスイングすると、インサイドアウトの軌道になりやすいです。

ティーショットを打つ前に、上半身の力を抜いて右足を踏み込みながら体の内側から外にクラブを振る素振りをします。

そして、このインサイドアウトの素振りをしてからティーショットを打ちます。

スライスが出ていると、右方向へクラブを振りにくいとは思いますが、インサイドアウト軌道はスライス回転が最もかかりにくいスイング軌道ですので大丈夫。

思い切って右に振り抜きましょう。

しっかりと、クラブを振り抜くこともスライスを防ぐポイントになります。

一発でインサイドアウトの軌道にする練習法はこちらにまとめていますので、あわせてご覧ください。

ゴルフのアイアンの飛距離が変わらない3つの理由とその対処法

2017年2月18日

 

まとめ

今回は、ラウンド中に、急にスライスが出た時の対処方法をご紹介しました。

ポイントは、2つ。

  1. 上半身をリラックスすること
  2. インサイドアウト軌道の素振りをすること

特に、上半身の力を抜くことは大事ですね。

スライスが止まらない時は、ぜひ試してみて下さい!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です