パーオンが増える!ショートアイアンでヒッカケを防止する3つの方法!

 

「ショートアイアンのひっかけ」に悩まされている人はいませんか?

ひっかけとは、打ったボールが左へ大きく曲がる現象ですね。

 

フェアウェイで残り100ヤードくらいの距離は、グリーンオンの大チャンスです。

それ故に、そこからひっかけて、グリーンにすら乗らないとなると…、ガッカリしちゃいますよね?

大チャンスが一転、大ピンチになってしまいまうこともあるくらいです。

 

ショートアイアンは、短くてロフト角も大きいので、比較的ボールが捕まりやすく、簡単なクラブです。

その分、「ひっかけが出やすいクラブ」でもあります。

 

ショートアイアンでひっかけが出なくなれば、

  • 短い距離でしっかりとピンを狙える
  • セカンドOBなど大きなミスが出なくなる

というメリットがありますから、ゴルフのスコアアップにつながります。

今回は、「ショートアイアンでひっかけないためのポイント」を紹介します。

 

ショートアイアンでのヒッカケを防止する3つの方法

 

フルスイングをしない

ショートアイアンで重要なのは、飛距離ではなく方向性です。

例えば、残り100ヤードの距離が残ったとします。

AWのフルショットの距離が100ヤードなら、AWでフルスイングするのではなく、1番手大きいPWを持って80%の力でスイングする方が、ひっかけにくくなります。

やはり、100%の距離でと考えると「力み」が入りやすいですからね。

 

また、構造上もショートアイアンはロフトが大きい分、ひっかけやすいクラブなのです。

ですから、ショートアイアンは、距離を出すことよりもボールをコントロールすることを考えましょう!

1番手あげることで精神的に楽になり、ボールをコントロールしやすくなるはずです。

 

目標方向に対してスクウェアなアドレス

ショートアイアンは、右を向いたアドレスになりやすいので注意が必要です。

ショートアイアンはひっかけやすいクラブです。

一度でもショートアイアンでひっかけた経験がある人は、どうしてもひっかけが怖くて目標方向よりも右を向いてしまいがちになります。

 

特にグリーンの左側が狭かったりすると、その傾向が強くなりがちです。

この目標よりも右を向いたアドレスは、ひっかけの原因になります。

アドレスで目標方向よりも右を向くとどうしても右を向いた分、クラブフェイスをかぶせて打ってしまうからです。

足、腰、肩のラインをしっかりと目標方向へ向けることを意識しましょう!

 

手打ちにならないようにする

「体が回らず、手だけでスイングしてしまう」

これもひっかけの原因になります。

短い距離になると、体の回転を使わずに手だけでスイングしてしまいがちになります。

インパクトで腰が止まって手だけで打てば、当然クラブフェイスがかぶって入りやすくなりますから、ひっかけが多くなります。

体の回転で打つポイントは、

  • バックスイングの始動時は、グリップエンドとおへそが向き合うように行う
  • フォローをしっかりとり、左足に体重を乗せる
  • ショートアイアンだからといってスイングを変えず体の回転を意識する

といったポイントに注意するとよいでしょう。

 

まとめ

ショートアイアンでしっかりとグリーンを捉えることができるようになると、ゴルフのスコアは格段に上達します。

ショートアイアン自体は、難しいクラブではありませんから、練習次第ではアマチュアゴルファーでもかなりの確率でグリーンを捉えることができるようになるはずです。

ショートアイアンで最も多いミスであり、最もやってはいけないミスが「ひっかけ」です。

ショートアイアンでひっかけを防ぐためには、

  • 80%の力加減でスイングする
  • 目標方向と体のラインを平行にする
  • 体の回転でスイングする

という3つのポイントを意識してみると良いでしょう!

この3つのポイントを取り入れることで、ひっかけが減少し、ゴルフのスコアが安定してくると思います。

是非、試してみて下さい!

 

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)