ゴルフラウンドで集中力を切らさないための3つのコツ

スポンサーリンク

「ゴルフがなかなか上達しない・・・」

このような悩みを持っている人はいませんか?

ゴルフは難しいスポーツですが、比較的「上達」が速い人がいますよね。

ボクは、上達が遅い方でしたが、「あること」を実践して一気に上達することができました。

その「あること」とは、「ゴルフに真剣に取り組む」ということです。

日本プロゴルフ界のドンと言われた杉原輝雄プロも、こう言っています。

杉原輝雄
「一度気を抜いたゴルフをすると、それがクセになっていざという時に悪さをする」

ゴルフを「真剣に取り組む」とは、気を抜いたゴルフをしないということです。

つまり、一打一打に集中するということです。

多くのアマチュアゴルファーには、やってはいけない悪いクセがあります。

これらのクセをなくしていくことで、気を抜いたゴルフをしなくなってくるはずです。

そして、気を抜いたプレーがなくなることで、自然とプレーに集中することができるため、スコアもよくなり、ゴルフ上達のスピードが速くなってくるでしょう。

ということで、今回はどうしてもラウンド途中で投げやりになってしまうゴルファーのために「悪いクセを直しプレーに集中する」ためのコツをご紹介します。

スポンサーリンク

「気を抜いたゴルフ」ってど~ゆ~事?

ゴルフのラウンドで気を抜くとは、どのようなことなのでしょうか?

実際ラウンドすると、気を抜いて適当にプレーしてしまう場面は結構多いものです。

例えば・・・、

  • 前のホールのミスばかり考えて今のショットに集中しない
  • ルーティーンを忘れる
  • イライラして適当にショットする
  • 番手やアドレスの向きに不安があるのに「ま、いっか」でとりあえず打つ
  • カートまで戻るのが面倒で、クラブを替えずにそのまま打ってしまう
  • 疲れてきて、パットのラインを読まずにパッティングする

などなどです。

特に、スコアが悪くなってくると、「今日はダメだ」という気持ちになって、全体的に「気を抜いたプレー」になりがちです。

このような気を抜いたプレーは、当たり前ですが、良い結果を生みません。

逆に言えば、多くのミスショットは「気持ちの緩み」から生まれます。

スポンサーリンク

気を抜いたプレーをしないためには

それでは、気を抜いたプレーをしないでゴルフに集中するためのポイントを紹介します。

 

直したいクセを書いておく

例えば、プレショットルーティーンなど基本動作を適当にしてしまうクセがある人は、

「必ずプレショットルーティーンをする」

などと、スコアカードに記入しておきます。

 

スコアが悪くなってくると適当になってしまう人は、

「最後まであきらめない」

などと、記入しておくだけでも、最終ホールまでモチベーションを保つことができるようになります。

>>ラウンド途中で「大たたき」しても集中力を切らさない方法は「ゴルフが絶対上手くなる!スコアカードの書き方3つのポイント」でも詳しくご紹介していますので、あわせてご覧ください。

 

すぐイライラするなど感情的になってしまう人は、

「笑顔を忘れず」

などと、スコアカードに記入しておくだけでも違ってきます。

 

あなたが注意すべきキーワードをスコアカードなどに書いておくだけでも効果はあります。

  • 集中
  • 忍耐
  • 感謝

などなど、目に付く場所にあなたなりのキーワードを書き込んでおくと、その都度、あなたの悪いクセに意識を向けることができるので、プレーに気を抜くことなく、集中することができるのです。

 

効果的な記入例

スコアカードだけでなく、さらに効果的な方法は…、

プレー中に必ず見つめる「ボールに記入すること」です。

いつも手にするボールに「あなたなりのキーワード」を記入することで、常に「キーワード」に意識を向けることができるようになります。

たとえば、ラウンド中イライラしてしまいがちな人は、自然と「笑顔」をなれるように、ボールにプリントしてしまうのも効果的ですね。

 

わざわざプリント発注しなくても、サインペンでボールに書いてしまうのもアリですね。

出典:タイトリスト「タイトリストにマークしよう」より引用

 

また、プレー中にスイングリズムが速くなってしまう人は、

あなたなりの「リズムを重視するマーク」をボールに書いてしまうのも面白いアイデアです。

出典:タイトリスト「タイトリストにマークしよう」より引用

 

このように目に付く場所に直したいクセを書いておくだけで、自分のクセを客観的に把握することができるので、プレー中に気を抜くことなく、プレーに集中することができるようになります。

 

悪いクセを直すことは、ゴルフの上達に必要なことです。

“継続は力なり”

毎回のラウンドで常に意識することで、自然と悪いクセが出る回数が減っていき、自然とプレーに集中することができるようになるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

アマチュアゴルファーの多くは気を抜いたプレーでスコアを大きく損しています。

気を抜いたプレーをなくせば、自然とプレーに集中することができるため、スコアは自然と良くなるはずです。

ポイントは、スコアカードやボールへの記入。

目に付く場所に「気を抜いてしまいがちなあなたの悪いクセ」を記入したり、「悪いクセに気づかせてくれるキーワードやマーク」を書いておくことで、いつの間にか気を抜いたプレーは少なくなっていくはずです。

ちょっと面倒くさいなと思うかもしれませんが、実際やってみるとそれほど大変なことではありません。

楽しいゴルフの中でちょっとだけゴルフに真剣に取り組むことでスコアアップにつながるはずです!

ぜひ、試してみて下さい!

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です