ゴルフラウンド前に行うスコアアップに効果的な3つの練習法

 

「ゴルフの本番前は、不安だから練習をしたいけれど、ゴルフの本番前にどのような練習をすれば効果的なのだろう…」

このような疑問を持っている人はいませんか?

ゴルフで良いスコアを出したければ、本番前の練習は効果的です。

でも、練習の方法を間違えると、練習しない方が良かった…と後悔することになります。

ゴルフのラウンド前の練習は、技術的な練習ではなく、リズムを重視した練習、体をほぐすための練習、距離感をチェックする練習をすべきです。

このような練習をすることで、

  • ラウンドの前半でスコアを崩すことが少なくなる
  • 筋肉がほぐれることで、緊張をほぐすことができる

というメリットがあります。

今回は、効果的なラウンド前の練習方法を紹介します。

 

ゴルフラウンド前の効果的な練習法

 

ラウンド前のストレッチは重要

ゴルフでは、何のウォーミングアップもせずにいきなり始める人が多いですが、やはり他のスポーツと同様にウォーミングアップをして体をゴルフする体にすることが重要です。

ウォーミングアップの中でも、ラウンド前のストレッチは効果的です。

ゴルフは緊張するスポーツです。

心理的に緊張すると、体の筋肉が硬直します。

筋肉が硬直することで、スイングがぎこちなくなり、バランスも悪くなります。

ですから、ラウンド前のストレッチは、重要なのです。

特に、肩甲骨周りのストレッチを重点的にやることで、緊張をほぐすと共に、肩甲骨の可動域も広がり、飛距離アップにも期待できます。

ラウンド前のストレッチはケガの防止にもなりますから、絶対にやるべきです。

 

100ヤード以内の距離感をチェックする

100ヤード以内のショットは、フルスイングができない距離ですから、距離感が重要です。

例えば、サンドウェッジで60ヤード打つとします。

フルスイングで80ヤード飛ぶなら、スリークウォータショットで打つとちょうど良いですね。

30ヤードならその半分のハーフショットで十分でしょう。

ただ、振り幅だけでなく感覚的なものも距離感を合わせるためには重要ですよね?

毎日、ゴルフをやっている人なら距離感と振り幅が体に浸み込んでいますが、月1回しかゴルフをやらない人などは、自分の距離感を忘れてしまいがちです。

ですから、ランド前の練習で自分がどれくらいの振り幅、感覚で打ったら何ヤード距離が出るのかを確認することは重要です。

距離感を確認することで、本番でも自信を持ってショットを打つことが出来ます。

 

ラウンド前に練習するクラブは?

ラウンド前、練習場ではどのクラブを練習すべきでしょうか?

一般的には、小さいクラブから始めて最後にドライバーなどを少し打って本番に臨むというのが良いと言われています。

基本的にはどのクラブから練習しても良いですが、自分の好きなクラブから練習した方が良いですね。

自分の苦手なクラブを練習したいという人が多いかもしれませんが、苦手なだけに練習場で上手く打てずに不安を抱えたままラウンドするのは、心理的にデメリットでしかありません。

ラウンド前の練習では、技術的な練習はしない方が良いです。

技術的な練習よりも、リズムを確認するような練習をした方が、効果が高いのではないかと思います。

というのも、ゴルフの本番では打ち急ぎなどリズムを崩してしまったことで起こるミスが多いからです。

ゴルフはメンタルなスポーツです。

ラウンド前の練習で自信を持ってそのままの勢いで本番に臨むのが理想的です。

ラウンド前の練習については、こちらにさらに詳しくまとめていますので、あわせてご覧ください。

ゴルフラウンド前にやってはいけない6つの練習と絶対やるべき3つの練習!

2017年4月15日

 

まとめ

ゴルフのラウンド前の練習は、技術的な練習よりも緊張をほぐすことや、リズムを確認するような練習をした方が良いということです。

  • 緊張をほぐすためのストレッチ
  • 100ヤード以内の距離感を確認する練習
  • リズムを確認する練習

このような心と体をウォーミングアップする練習がラウンド前には効果的です

プロゴルファーたちのラウンド前の練習はこちらにまとめてありますので、ご参考にしてください!

世界のトッププロゴルファーはラウンド前にどんな練習をしているのか?

2017年4月24日
スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)