ダフリが激減!ナイスショットが出るボールの位置3つのポイント

 

「同じようにスイングしているはずなのに、ナイスショットもあれば、信じられないようなミスショットも出てしまう…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

私もゴルフを始めたころは、「同じようにスイングしているのに何故、こんなにも結果が違うのだろう…」と思っていました。

いろいろなことを考えた結果、コースに出ると様々な傾斜から打つことが多く、傾斜によってボールの位置を変えた方が良いということに気付き、試してみたところ、スイングを変えなくてもボールの位置を変えただけでミスショットが減ったという経験があります。

ゴルフは繊細なスポーツですから、ボールの位置が少しずれただけでミスショットにつながります。

また、傾斜によって最適なボールの位置というのも存在しますので、そのような点も注意すると良いでしょう。

スイングを変えなくても、ボールの位置に注意することで劇的にスコアアップにつながる可能性があるのです。

今回は、「最適なボールの位置の決め方」についてご紹介いたします。

 

番手によってボールの位置は変えた方が良い?

ボールの位置の基本と言えば…、

  • ドライバーショットにおけるボールの位置は左足かかと線上
  • 番手が小さくなるごとにボールの位置を右寄りにしていく
  • 最終的にショートアイアンではボールの位置は真ん中になる

というのが、ゴルフスイングにおけるボールの位置の基本です。

ゴルフをやっている人なら、ほとんどの人が知っているゴルフの基本ですよね。

常にティーアップできるドライバーショットは、アッパーブローで打ちたいのでボールの位置はやや左足寄り、ダウンブローで打ちたいショートアイアンはボールの位置が右寄りになるという理屈です。

ただ、この考え方は、全ゴルファーに共通するわけではありません。

ボールの位置は常に左足寄り、ボールの位置は常に真ん中というプロゴルファーもいれば、ボールの位置はライやクラブによって変わるというプロゴルファーもいます。

要は、「ボールの位置を固定する派」と「ボールの位置をクラブによって変える派」に分かれるわけです。

この点については、体格やスイングによって変わってくるので、共通する答えはありません。

タイガー・ウッズなどは、クラブによってボールの位置を変えるタイプですね。

全体的に見ればボールの位置を変えるゴルファーの方が多いと思いますから、悩んでいるならまずは、基本に忠実にボールの位置をクラブによって少しずつ変えるのが良いと思います。

 

アマチュアゴルファーはボールを右足寄りに置きすぎる?

ボールの位置が右足寄りすぎるアマチュアゴルファーが多いと感じています。

おそらくは、「ダウンブローに打ちたい」、「ボールに当てたい」という意識からボールを右足寄りにするのではないかと思いますが、ボールを極端に右足寄りにするのは危険です。

ボールの位置を右足寄りにすると、

  • インサイドアウトの軌道になりやすく、プッシュアウトが出やすくなる
  • シャンクが出やすくなる

というデメリットがあるからです。

 

傾斜によってボールの位置を変える

「クラブ」以外にもボールの位置を変える要素が、「傾斜」です。

傾斜によってボールの位置を少し変えることで、ミスショットが軽減します。

全米プロ、マスターズを制し、後に指導者として有名になったジャック・バークは、ボールの位置についてこう述べています。

「ダウンヒルであれ、アップヒルであれ、常にボールは高い方の足の位置寄りに置く」

~ ジャック・バーク ~

つまり左足上がりならボールは左足寄り、左足下がりならボールは右足寄りにというようなことですね。

傾斜が複合していて難しい場面もありますが、「高い方の足の位置より」という基本をおさえるだけでも変わってくると思います。

 

他にも、素振りをしてクラブが地面に着く場所にボールを置くという方法もあります。

斜面によってボールの位置を調整することが重要です。

アドレスの時点で、ある程度結果は決まっているということですね!

 

まとめ

ダフリなどのミスショットに悩んでいる人は、今回の方法を試してみて下さい。

まとめますと…、

  • 番手によってボールの位置を変える
  • 極端にボールの位置を右寄りにするのは危険
  • 傾斜によってボールの位置を調整する

ということです。

ボールの位置を変えるだけでミスショットが減るかもしれませんよ!

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)