詰まっているゴルフコースでスコアを崩さない3つのコツ

「コースが渋滞しているとイライラしてミスショットが多くなってしまう…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

平日ならまだいいですが、土日にラウンドするとなると、混雑でコース渋滞が予想されます。

今はゴルフ場も経営が難しく、お客さんが入るときに入るだけ詰め込むというスタイルの経営が多いですからね。

「ハーフは2時間以内で!」と掲げておきながら、コース渋滞で「ハーフ3時間」なんてパターンも当たり前のようにあります。

ボクもそうですが、待ち待ちのゴルフは辛いですよね。

ホールアウトする度に、次のホールでまた待つというパターンは本当にイライラします。

そして、そのイライラが結果に出てしまうのがゴルフ…。

  • 後ろの組が待っているから急いでしまう
  • 前が遅くてイライラして打ち急いでしまう

このようなパターンでスコアを崩すことがよくあります。

でも、少し気持ちを切り替えればこのようなことは少なくなります。

渋滞ゴルフはある意味仕方がないことです。

気持ちを切り替えて、楽しくプレーをすることができればイライラが減り、スコアを大きく崩すことは少なくなるはずです。

ということで、今回は「詰まっているゴルフ場でスコアを崩さない3つのコツ」を紹介します!

スポンサーリンク

渋滞コースでスコアを崩さないコツ

 

待ち時間を有意義楽しむ

前の組が前方でプレーをしていてまだ打てない状況の時に、早く打ちたいという気持で待つよりも、ゴルフ場から見える雄大な景色を楽しむなど、ゴルフとは関係ないことに意識を向けることはとても重要なことです。

ゴルフは実際にプレーに費やす時間よりもプレーとは関係ない時間の方が圧倒的に多いスポーツです。

プレーとは関係ない時間においても、スイングの細部を考えたり、「いいスコアで上がりたい、いいショットを打ちたい…」などと考えていると、不安要素が大きくなり、上手くいくものも上手くいかなくなってしまうのがゴルフです。

いかにゴルフとは関係ないことに意識を向けることができるか!!

通常のプレーにおいても、そうなのですから、混雑時においてはなおさらのことでしょう。

景色を楽しむほか、同伴者と世間話に花を咲かせるのも良いでしょう。

せっかく、ゴルフ場という非日常の世界に来たのですから、その非日常を有意義に楽しむとイライラしないですみます。

たまにはゆったりとゴルフを楽しむという気持が大事ですね。

 

自分のルーティーンを崩さない

ゴルフ場が渋滞していると後続の組も自分達の組に追いついてきます。

そのような状況になると、後ろの組が見ている状況でティーショットを打たなければなりません。

結局、ゴルフ場が渋滞していると、後続の組もイライラしていることが多く、「早く打てよ」「下手くそだな」と思われているのではないかという不安に襲われ、いつものルーティーンを省略して打ってしまうことがあるのではないでしょうか?

この「打ち急ぎ」がスコアを崩す原因となります。

ゴルフ場が渋滞しているのは、自分達のせいではありません。

どうせ早く打っても前が詰まっているのですから、早くプレーする意味がありません。

ですから、どんな状態でもいつもと同じルーティーンを行うということを意識してみて下さい。

>> 「ナイスショットを量産するプレショットルーティン」はこちらから

ゴルフのスコアが確実に5打縮まる!イボミから学ぶプレショットルーティン

2017年1月28日

 

待ち時間を情報収集に使う

混雑していなくても、ゴルフ場で詰まりやすいのがショートホールです。

大混雑時には、ティーショットで2組待ちなどという場合もあります。

ただ、イライラしながら待っているのではなく、前の組のプレーを見て、「風の強さ」や「グリーンの傾斜」、「安全な場所と危険な場所の把握」などコースマネジメントに関する情報を集めましょう!

ゴルフとは無関係なことに意識を向けることも重要ですが、前の組のプレーを見ることは、重要な情報を得ることができるという意味でとても有利になります。

前の組のプレーを見ることで、そのホールの「罠(わな)」に気づくことができます。

目の錯覚で距離感が合わせずらかったり、グリーンが一方向からかなり早かったり…。

つまり、そのホールは混雑しているという理由だけでなく、「罠(わな)」によって詰まるべくして詰まったということです。

前の組のプレーを見ながら、その「罠」にいち早く気づくことでスコアを大きく崩すことは少なくなり、イライラを感じることも少なくなるはずです。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、ゴルフ場の渋滞でイライラしないための3つのコツを紹介しました。

待ち時間をただイライラしているだけでなく、少し考え方を変えることで場合によっては有利になることもあります。

ポイントをまとめると、

  • 待ち時間はゴルフとは関係ないことに意識を向ける
  • 自分のルーティーンを崩さない
  • 待ち時間を情報収集に使う

ということです。

>>『プレショットルーティンのコツ』はこちらで詳しく説明していますので、あわせてご覧ください。

この3つを意識することで、イライラせずにプレーをすることができ、自然とスコアを崩すことがなくなると思います。

ゴルフ場の渋滞は嫌なものですが、渋滞する日にラウンドを予約してしまったのですから、もうどうしようもありません。

最悪のゴルフで終わるより、気持ちを切り替えて楽しい思い出にすることでスコアも良くなると思います。

今回紹介した方法をぜひ、試してみて下さい!

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)