難しくない!ボールを高く上げるアプローチ3つのポイント

スポンサーリンク

 

「アプローチの弾道の高さを変えることができたら…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

私もそうでしたが、花道からのアプローチは苦手ではなくても、少し状況が変わるだけで「どうやって打てば良いの?」と頭を悩ませていました。

アプローチは、スコアメイクの鍵です。

そして、バンカー越え、砲台グリーン、花道、左足下がりや左足上がりなどの傾斜、ピンの位置などによって、最適なボールの弾道があります。

理想を言えば、状況によってアプローチの弾道の高さをコントロールできればベストです。

アプローチの弾道の高さをしっかりとコントロールできれば…、

  • どんな状況からでもピンを狙うことができる
  • 寄せワンをとる確率が上がる

という大きなメリットがあります。

今回は、アプローチの弾道の高さをコントロールする方法をご紹介します。

 

基本はピッチエンドラン

ボールの高さをコントロールするためには、まずは基本が大切です。

その基本となるのが、ピッチエンドランです。

ピッチエンドランとは、ボールをある程度上げ、グリーンにボールを落としてから転がってピンに寄せるという打ち方です。

グリーン周りのアプローチのほとんどはピッチエンドランで対応できます。

 

キャリーとランの比率は…、

58度のサンドウェッジでは、キャリー:ラン=1:0.5

52度のアプローチウェッジでは、キャリー:ラン=1:1

48度のピッシングウェッジでは、キャリー:ラン=1:2

というようなイメージです。

 

ピッチエンドランの打ち方のコツ

ピッチエンドランの打ち方のポイントは、いくつかありますが、次の3点が基本となります。

 

スタンス幅を狭くする

スタンス幅を狭くすることで、ヘッドの軌道が安定します。

ほとんど両足を揃えるくらいで打ってもよいでしょう。

 

クラブを短く持つ

グリーン周りのアプローチは飛ばす必要性がないので、クラブを短く持つことでクラブの軌道が安定します。

 

オープンスタンスに構える

ややオープンスタンスで打つことで視界が広がります。

左足を5㎝後ろに引くくらいのオープンスタンスで打つのがオススメです。

 

グリーン周りのアプローチは転がせたら転がす

青木 功
ゴルフはゴロフ!

日本で最も有名なプロゴルファーと言っても過言ではない青木功氏の名言です。

プロゴルファーでも、グリーン周りのアプローチは、まずは転がせるかどうかを考えるそうです。

どのようなアプローチをするかを考える時に、最初に転がせるかどうかを考える癖をつけておくと良いですね。

 

ボールの高さをコントロールするためには

グリーン周りのアプローチは、転がしやピッチエンドランが基本ですが、場合によっては高い弾道のアプローチが必要である場合があります。

バンカー越えのアプローチや、ピンが近い場合などですね。

このような場面でボールを上げるためには、「クラブの開閉」と「ボールの位置」が重要です。

もちろん、「見上げる」ほど高く打ち出したい場合は、ロブショットなど打ち方を変える必要があります。

ですが、バンカー越えなどでいつものアプローチよりも少し高く打ちたい場合には…、

  • アドレスでクラブフェイスを開く
  • ボールを左足かかと線上におく
  • スイング軌道は若干アウトサイドイン

あとはいつもと同じピッチエンドランのスイングをすれば、それだけで、ボールはいつもより高く上がります!

 

ボールの高さを出すアプローチの注意点

クラブフェイスは開くほどボールが上がりやすくなりますが、リーディングエッジに当りトップする可能性が高くなります。

また、「ボールの位置と左足の位置関係は常に一定にすること」がポイントです。

つまり、ボールをより高く上げたい場合は、ボールの位置をさらに左足寄りに寄せてはいけません。それ以上左に寄せるとミスショットが出やすくなります。

ボールを左に寄せるのではなく、右足のスタンスを広げることにより、相対的にグリップの位置がボールの位置よりも左にくる(正面から見て)ことで、ボールが高く上がるようになります。

すべてのアプローチに共通することは「ボールと左足の位置関係は常に一定」です。

ボールを高く上げたいからと言って、ボールだけを左に寄せないように注意してください。

 

また、ボールを高く上げることために、絶対にやってはいけないのNGな動きは、「ボールをすくおうとする動き」です。

手だけでボールをすくおうとすると、ダフリやトップのミスが出やすくなるので、絶対に上げようとする動きはNGだということを覚えておいてください。

 

ボールを高く上げるにしても、「アプローチの基本」は変わりません。

アプローチの基本!アプローチ完全攻略マニュアル」でぜひアプローチの基本を習得しちゃってください。

ゴルフアプローチ完全攻略マニュアル!確実にピンに寄せる7つのコツ

2017年1月12日

 

まとめ

アプローチの高さをコントロールするためには、基本的な打ち方である「ピッチエンドラン」のアプローチを身につけましょう!

ピッチエンドランの打ち方を基準にして、ボールの位置やクラブの開閉を調整することで高いボールも低いボールも打てるようになるはずです!

アプローチが苦手な人は、今回紹介した方法をぜひ、試してみて下さい!

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です