アイアンの番手ごとの飛距離が出ない人に有効な3つのドリル

 

「アイアンショットで番手ごとの距離が出ない…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

私もゴルフを始めたころは、アイアンショットでしっかりと番手の距離を出すことができませんでした。

ボールが高く上がって右に出ることが多い人は、おそらく、インパクトでクラブフェイスが本来の角度よりも開いてしまっている可能性が高いです。

このようにアマチュアゴルファーは、アイアンショットで番手ごとの距離をしっかり出すことができていない人がとても多いです。

アイアンショットで、番手ごとの距離がしっかりと出せるようになれば…、

  • アイアンショットの飛距離がアップする
  • 番手ごとの飛距離が明確になるのでパーオンする確率が上がる

という大きなメリットがあり、ゴルフのスコアアップにつながります。

アイアンショットにおいてしっかりと番手ごとの距離を出すには、「ハンドファーストでインパクト」するというがとても重要となります。

今回は、「アイアンショットをハンドファーストで打つ方法」について紹介します。

 

ハンドレートのインパクトになっていませんか?

ハンドレートとは、グリップの位置がボールと同じか左寄り(正面から見て)にある状態のことです。

インパクトがハンドレートになると、クラブのロフトが寝てしまい、大きく飛距離ロスしてしまいます。

アイアンは、基本的にはロフト角で飛距離が変わってきます。

5番アイアンよりも、9番アイアンの方が、ロフト角が寝ています。

そして、1番手ごとに約10ヤード飛距離が変わってきます。

これをもとに私達は、クラブ選択をするわけですが、ハンドレートにインパクトをするとロフトが寝てしまうため、番手ごとの距離が出なくなるのです。

アイアンは、1番手ごとにロフト角が「4度」違ってきます。

つまり、8度ロフトが寝ると、7番アイアンが、9番アイアンのロフトになってしまいます。

しっかりとクラブに当たっているのに、ボールが高く上がって飛距離が出ないという人は、ハンドレートのインパクトになっている可能性があります。

 

ハンドファーストが良い理由

アイアンショットで番手ごとの飛距離が出ない人は、ハンドレートのインパクトになっている可能性が高いので、ハンドファーストでインパクトする練習を取り入れてみましょう。

ハンドファーストとは、ボールの位置がグリップよりも右側(正面から見た場合)にある状態のことです。

ハンドファーストでインパクトができるようになれば、アイアンショットにおいて番手ごとの飛距離が出せるようになる可能性が高くなります。

 

ハンドファーストでインパクトするためのドリル

ハンドファーストでインパクトするための代表的な練習ドリルとして、「ボールの後方に障害物を置いて打つ」という練習方法があります。

ボールの後方に、ヘッドカバーや四つ折りにしてタオルなどを置き、その障害物に触らないようにインパクトをする練習です。

障害物を打たずに、ボールだけを打つためにはハンドファーストで打つしかなくなるので、自然にハンドファーストのインパクトができるようになります。

 

障害物を飛ばしてしまいそうな人は、「ガムテープ」を利用するのもいいでしょう。

ボールの「前方」にガムテープを貼り、ボールを打った後に、クラブヘッドでガムテープをはがすようにスイングをするというドリルです。

ボール前方のガムテープをはがすようにスイングすることで、インパクト以降の正しい動きが身につきます。

 

どちらの練習も、最初は「素振り」で行い、慣れてきたらボールを打ちましょう。

さらに、慣れてきたら、素振りとボールを打つのを交互に繰り返すとより効果的な練習になります。

 

ハンドファーストは、ただ単に「上からクラブヘッドを叩きつける」ことで実現するものではありません。その辺を勘違いしていると上達から遠ざかってしまいますので、あわせてこちらもご覧ください。

ゴルフアイアンショットの基本!ダウンブローの打ち方5つのポイント

2017年2月19日

 

ハンドファーストのイメージを持つドリル

ハンドファーストは、障害物を置くなどの物理的な練習だけでなく、普段の練習に「イメージ」を取り入れるだけで、デキてしまう人もいます。

具体的には、ボールの前1m位先に「公園のベンチ」をイメージします。

「打ったボールがその「ベンチの下」を通っていくイメージ」を持つだけで、低くて長いインパクトを実現してくれます。

イメージを持つだけなので、普段の練習においても、とても簡単に実践できます。

 

まとめ

アイアンショットで番手ごとの飛距離が出ないという人は、ハンドレートのインパクトになっている可能性があります。

そんな人に、ぜひ試して欲しいのが、ハンドファーストで打つということです。

ハンドレートからハンドファーストになることで、球筋が全く違うことに驚くはずです!

そのためには、今回紹介したハンドファーストで打つためのドリルなどを参考にして、練習をするしかありません。

ぜひ、試してみてください!

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)