【超簡単】アイアンショットで距離を打ち分ける3つのコツ

 

「アイアンショットで中途半端な距離が上手く打てない…」

このような悩みを持っている人はいませんか?

通常、アイアンショットの番手は10ヤード刻みで選択しますよね?

例えば、7番アイアンのフルショットが、150ヤードなら、8番アイアンのフルショットは140ヤードであるはずです。

では、残りの距離が145ヤードだったら、あなたはどう打ちますか?

アイアンショットで「±5ヤード」が打ち分けられるようになれば、アイアンショットでワンピン以内につけることが多くなります。

ワンピン以内の距離なら、毎回は無理かもしれませんが、何回かに1回はワンパットで上がれることができますよね?

つまりは、バーディーやパーをとれる確率が劇的に上がるということです!

今回は、中途半端な距離が残った場合のアイアンショットの打ち方を紹介します。

 

アイアンの距離の打ち分け

 

フルショットより5ヤード飛距離を伸ばせる?

フルショットよりも、飛距離をアップさせる方法はいくつかあります。

  • スイングのリズムを早くする
  • インパクトを強くする
  • いつもよりもスタンスを広くする
  • ボールの位置を少し右寄りにする

などの方法がありますが、基本的には、このような打ち方はオススメできません。

ゴルフのスイングは、再現性を高くすることが重要であり、スイングのリズムをいつもよりも早くすることでスイング全体のバランスが崩れる危険性があります。

また、インパクトを強くすれば確かに強い球が行きそうですが、力みの原因となり、ダフリのミスなどが多くなります。

ボールの位置を右にすれば、ロフトが立つ分距離は出るようになりますが、ロフトが立つ分、引っ掛け等のミスショットの原因になりそうです。

もちろん、上記した方法で通常のスイングのリズムを崩すことなく、上手に打てるのなら、それでいいと思いますが、一般論としては、「+5ヤード」を打つのではなく、1番手上げて「-5ヤード」を打つのが得策であると言えそうです。

 

フルショットよりも5ヤード飛距離を落とすには?

それでは「-5ヤード」を打つ方法をご紹介します。

 

いつもよりもスイングをコンパクトにする

フルショットよりも、スイング自体をコンパクトに、フルショットが100だとしたら80くらいの振り幅でコンパクトなスイングをすることで5ヤード飛距離を落とします。

注意する点としては、トップの位置は低くなっても、「しっかり肩は回すこと」です。

 

いつもよりもクラブを短く持つ

グリップを指2本分くらい短く持って、いつもどおりスイングします。

個人的には、落とす距離が5ヤードならいつもよりも少しだけクラブを短く持って、あとはいつもと同じショットをするという方法が一番簡単で確実な方法ではないかと思います。

グリップを短く握ることで、ミート率がアップするため、ミスショットの確率が減るという効果も期待できます。

 

リラックスして打つ

リラックスして打つ方法としては、たとえば、「舌だしショット」のような方法があります。

舌を出してスイングすることで、歯を食いしばることができなくなるので、上半身の無駄な力が抜けます。

この打法は、タイガーウッズなども試している方法ですが、ムダな力が抜けるため、ナイスショットの確率が高まるという効果もあります。

 

大事なことは自分の距離を知ること

中途半端な距離のアイアンショットを打つコツは、まず、自分の飛距離を知るということが重要です。

コンパクトにスイングした場合に何ヤード飛ぶのか?

クラブを短く持つことで何ヤード飛距離が落ちるのか?

日ごろの練習で、このような中途半端な距離をどのように打つと距離感が出るのかを練習することが重要です。

フルショットだけではなく、このような中途半端な距離の場合に、どのように打つかは、自分の距離を知ることが大切なのです。

 

まとめ

フルショット以外の中途半端な距離をアイアンで打つことは、難しいですが、本番のラウンドでは、フルショットでピッタリの距離が残ることは、多くなく中途半端な距離が残ることが多いです。

中途半端な距離を打つためには、

「一番手クラブを上げて、フルショットよりも少しだけ短い距離を打つ」

という方法が良いでしょう。

そのためには、普段からフルショットの練習だけではなく、意図的に距離を落としたショットを打つ練習をしておくことが重要です。

スキマ時間を活用しゴルフの知識を耳で学ぶ!!

ゴルフは耳で上達する!!

スマホでゴルフが上達する!!
通勤時間などスキマ時間に「Amazonオーディブル」でゴルフに役立つ本を耳で聴こう!!
今なら30日間無料体験実施中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)