ゴルフを人生の楽しみとする!あなたのゴルフ人生を輝かせるための4つの方法

突然ですが、あなたがゴルフをする目的ってなんですか?

周りがやっているから?

とりあえず、コンペに誘われるから?

お得意先との接待ゴルフで必要だから?

ただ、なんとなく・・・?

でも、そんなあなたでも、ゴルフに行ってドライバーが飛んだ時はうれしいですよね?

アイアンでナイスオンした時は気持ちがいいですよね?

ロングパットが入った時は喜びますよね?

いいスコアが出れば、「とりあえず」やっているゴルフでも、楽しいものになります。

ゴルフが楽しくなればなるほど、ゴルフに触れる機会が増えてきます。

そうなれば、コンペで優勝したり、イヤイヤ付き合う接待ゴルフも、周りのレベルに合わせることができるようになります。

ゴルフ仲間に負けて悔しくないですか?

いままでゴルフに費やしたお金と時間を無駄にしたくはないですよね?

コンペで賞品をもらっている人たちを羨ましいって思いませんか?

「ゴルフは健康のため」って、自分をごまかしていませんか?

本当にこのまま一生100切りできないゴルフ人生でもいいんですか?

せっかく、ゴルフという最高のスポーツに出会えたのですから、「ゴルフというスポーツをあなたの人生の楽しみにしてほしい」のです。

なので、「あなたのゴルフ人生を輝かせるための具体的な方法」をお教えします。

 

女性とゴルフに行きたいあなた!
ゴルフを教えながら楽しくラウンドする方法

男性諸君!

女性とゴルフに行くというのは、男性ゴルファーの1つの楽しみではないでしょうか?

男4人でラウンドしている日の前後どちらかの組に、綺麗なミニスカートの女性とかがいると、内心は「いいなぁ~」「俺もあんな女性とラウンドしたいなぁ~」と思うのは男性として当然のことです。

でも、女性とラウンドできない理由ってなんですか?

あなた自身が気づいているはずですよね?

そうです。

100切りできないから・・・

ラウンド中に女性をエスコートできるゴルフの技術がないから・・・

女性にゴルフでカッコいいところを見せる自信がないから・・・

でも、女性がミスした時に、サッとフォローできて、なおかつ、ワンポイントレッスンなんてできたら、いいと思いませんか?

出典:golfdigest.co.jp

女性に、さりげなく、パターのラインをアドバイスしてあげられたりしたら、最高ですよね?

でも、あなた自身が、OBやスライス、フック、ダフりやトップなど、 ありとあらゆるミスを連発していたのでは、女性と楽しくゴルフをしている場合ではないでしょう。

そして、ゴルフのラウンド中に、一緒にラウンドしている女性のスライスやフック、ダフりやトップが止まらなくなったら・・・・、女性自身も嫌になってしまいますよね?

例えば、そんなときには、「傾斜を利用した素振り」を教えることで解決します。

それぞれのミスに応じた傾斜で「あることを意識して素振り」するだけで、その女性がナイスショットが打てるようになれば、あなた自身も嬉しいですし、女性にも喜ばれること間違いなしでしょう。

その他にも、ラウンド中に出て嫌になるのが、シャンク!

シャンクは一度でると、手が付けられなくなり、ゴルフどころではありません。

一緒にラウンドしている女性が突然の「シャンク」

そんな時に「簡単にシャンクを解決できる素振り」があるのです。

コースでシャンクが出たら、すぐにこの素振りを5回行えば、シャンクが直ってしまう素振りです。

ラウンド中でなくても、ゴルフ練習場で女性に教えてあげることだってできます。

特に、ゴルフ練習場では、「2つのボールを使ったある練習法」を行うことで、根本からシャンクを直すことが可能です。

シャンクが直った女性があなたに感謝してくれるのは、当然のことでしょう。

「女性とゴルフを楽しみたい!」

そんなあなたのために、まずはあなた自身が100切りし、そして、「傾斜を利用した素振り」や「シャンクが簡単になおる素振り」など、ラウンド中に女性を優しくフォローできるスキルを知りたい方はこちら

 

 

会社のコンペが苦でなくなる!
誰とラウンドしても迷惑かけない方法

「ゴルフのコースに出ると、自分だけ遅くなって周りに迷惑をかけてしまいます。コースに出るのは嫌なんですが、付き合いのためにも嫌って言えない・・・」

そんなサラリーマンゴルファーは多いのではないでしょうか?

ゴルファーの全人口は1,000万人とも言われていますが、実は、ゴルファーの85%が年間を通じて、コンスタントに100が切れないのが現実なのです。

逆に言えば、コンスタントに100切りできれば、全体のゴルファーの15%に入れるということ!

「ゴルフ」と「仕事」は、似ていると言われます。

目標を立て、それを実行する。

それを達成するための手段が間違っている場合は、改善をしていく。

失敗することを恐れず、新しいことを取り入れていく。

自分の立てた目標で満足していたり、自分が抱えた問題をそのままにしている人、現状に甘んじていて改善への意欲も低い人は、ゴルフも仕事も、伸びない残念な人ということになります。

たとえば、ゴルフで100切りできない人の多くは、突然ショットが乱れ始めた場合に、修正がまったくききません。

あなたにもそんな覚えがありませんか?

もちろん、プロゴルファーでさえ、18ホールをラウンドする上で、すべてのショットでナイスショットを打つことは不可能です。

実は、プロゴルファーでも、1ラウンド中に、納得のいくショットは1割~2割しかないと言われています。

でも、あなたとゴルフ上級者の大きな違いは、このラウンド中の「不調の波」を自分で修正することができることです。

では、なぜ、ゴルフ上級者にはできて、あなたにはできないのか?

それは、「練習場での練習の仕方」にポイントがあるのです。

おそらく、あなたは、ドライバーショットやアイアンショットを、ただ、やみくもに、まっすぐ、打つ練習を繰り返していませんか?

でも、ゴルフが上手い人は、練習場で「ミスを修正する練習ドリル」などを多用して、練習に取組んでいるのです。

なので、ラウンド中にミスが出た時には、どう修正すべきか自分自身で知っているのです。

ゴルフはミスのスポーツです。

プロゴルファーでもミスをします。

だから、周りの人たちに迷惑をかけずにラウンドするには、ミスをした後にどう対処するかにっかかっています。

そのためには、「ミスを修正する練習ドリル」での練習が効果的です。

「ミスを修正する練習ドリル」に取り組んだ方の感想です。

『いままで5年の練習がなんだったのか・・・』

【40代 男性会社員 石井さん】  

「いままで5年の練習がなんだったのか・・・」と少し寂しく感じました。

飛距離も伸びず、スライスも続き、何度も練習してもうまくなったと思ったら、 フォームが崩れスコアも落ち込み。

向いてなんだろうな・・なんて諦めかけている時に、この「ミスを修正する練習ドリル」に出会い、 今までの悩みが嘘のようになくなりました。

実践して3ヶ月過ぎた頃ですね。

コースでの乱れが少なくなり、大叩きがなくなって、次第にスコアがよくなってきました。
本当に100を切ることができました。

もう嬉しくってしょうがなかったですね!

その次以降も心配してたんですが、 ビックリすることにスコアも安定して、100を切ることがなくなりました。

いまはコースに出てビクビクする事がなくなって、
楽しくてしかたありません!

 

それだけではありません。

・あなたのスイングが正しくできているかどうか一目瞭然のガムテープを使った練習法

・ヘッドカバーを使って強制的にトップをなくす練習法

・バンカー越えのアプローチを成功させるために必要な注意点

・バンカーから一発で脱出する練習方法

これらの情報を知り、練習方法を実践すれば、きっとあなたのゴルフの腕前は1ランクアップ間違いないでしょう。人生は楽しいものになるでしょう。

ゴルフが上手い人は、会社でも一目置かれる存在になることは間違いありません。

ゴルフが上手いというだけで、人間関係が良好となり、仕事がスムーズに運ぶこともあるかも知れません。

次のコンペでは、会社の同僚や上司に迷惑をかけるどころか、上手くなったあなたを見せつけてやりましょう。

数々の『ミスを修正する練習ドリルや色々な練習法』を知りたい方はこちら

 

 

ゴルフは一生涯のスポーツ!
歳をとっても若い者には負けないための方法

練習場でプロからレッスンを受けているのに、スコアが良くならないゴルファーは少なくありません。

レッスン内容がその人のレベルに合っていないということもあると思いますが、実は、レッスンを受けていても上手くならない人の原因は、はっきりしています。

レッスンでスイングをいくら教えてもらってもいいスコアが出ない原因、それは『コースマネージメント』を教わっていないからです。

コースの罠(わな)を避け、あなたなりの飛距離、あなたなりのボールでも、効率的に、スコアアップを図る方法が、コースマネジメントです。

ゴルフは「プレーをする時間」よりも「プレーをしない時間」のほうが圧倒的に長いのが特徴です。

ゴルフが上手い人は、この「プレーをしない時間」の使い方が違います。

「プレーしない時間」は「考える時間」です!

ゴルフが上手い人は、この「考える時間」を使って、コースマネジメント(コース戦略)をしっかりしているのです。

常に、次のショットのことを考え、しっかりゴルフを組み立てているのです。

つまり、コース戦略の“考え方”を知っているということ。

このコース戦略を知っているだけで、あなたのスコアは10打は変わってくるでしょう。

今のあなたのベストスコアから10打少なくなれば、100切り達成はできるのではないでしょうか?

これが、プロゴルファーのキャディーがあなたに付けば、あなたのスイングレベルでも、100切りできる理由なのです。

『ラウンドする上での考え方』だけで100切りできる可能性が高くなるのです。

これが、歳をとっても、若い人にスコアで負けない理由なのです。

これを知るだけでも、若いもんには負けないゴルフができるようになります。

ただ、パワーでは若い人には勝てないですよね?

歳をとったあなたが、飛距離を稼ぐためには、フェアウェイウッドを使うことは必須となります。

フェアウェイウッドが苦手では、若い人との飛距離でのハンデはなくなりません。

ティーアップしたボールはうまく打てるのに、フェアウェイのボールはチョロばかりする!

そんなあなたは、「ある練習法」を取り入れることで、自信をもってFWを打つことが出来るようになります。

「ある練習法」を実践した方の感想です

『もう50歳超えると体力もないし出来るかな?と不安だったんですが・・』

【50代 会社経営 佐藤さん】

会社の同僚からよく誘われて1ヶ月に1度は、 コースに行くんですが、100を切る事はほとんどありませんでした。

100切り出来ないのが恥ずかしいし悔しくて、「ある練習法」を実践しました。

もう50歳超えると、体力もないし出来るかな?と不安だったんですが、「〇〇」ですから私でも分かりやすかったですし、コツみたいなものがよく分かりましたね。

こんなオジさんでも大丈夫ですから、 若い方ならもっと早く覚えるんでしょうね!
もっと早く出会いたかったです!

実は、この練習法を練習場でやっている人はほどんどいませんが、フェアウェイウッドを打ちこなすためには、最も大切な練習法になります。

フェアウェイウッドが得意になれば、普段長いと感じていたコースでもいつもより短く感じられます。

若い人にも飛距離でひけをとることもなくなるはずです。

歳をとったあなたが若い者に勝つための、『コース戦略の考え方』と『飛距離アップにかかせないFWの練習法』はこちら

 

 

いずれはシングルプレーヤー!
カッコいいゴルファーになる方法

ArtsyBee / Pixabay

「シングルゴルファーなんて無理・・・」

いえいえ、100切りできないあなたでも、100の壁を突破できれば、90をきることも、そして80を切ることも可能なのです。

今のあなたでも、ゴルフ続けることで、その先には「シングルゴルファー」が待っています。

せっかく、ゴルフというスポーツに出会えたのですから、あなたのゴルフ人生を輝かせるために、ゴルファーの1%しかいないと言われるシングルゴルファーを目指すのも悪くないでしょう

ただ、シングルゴルファーと言っても、特別な技術や特別な練習は必要ありません。

シングルプレーヤーや上級者の方が当たり前のように行っている実戦を想定した想定した練習法であったり、徹底的にシンプルに簡単に確率の高いアプローチ方法であったり・・・・。

つまり、「練習方法」や「考え方」をインストールするだけで、あなたのゴルフは格段に上達するのです。

逆にいえば、このポイントを押さえなければ、いつまでたってもスコアは良くなりません。

例えば、スコアの4割を占めると言われているパター

1ラウンドにつき、最低でも2パット平均の36パットで1ラウンドを上がれるようにするだけでも、簡単に100切りできるでしょう。

そして、1mのパットを確実に決めることができれば、100切りどころか90切り、80切り、シングルプレーヤーになることさえも可能になってくるのです。

これから、ゴルフ場にはいつもより30分早く到着して、練習グリーンで「1mのパットを確実に決めるための6つの練習方法」を行ってください。

1つのドリルにつき5分行うだけで、あなたのパター数は、いつもより5打は良くなるでしょう。

その他にも、ロングパットで確実に寄せるための距離感を養うことができる「ルックアップドリル」や3パットを激減させるための「プロゴルファーの思考法」、さらには、経験が必要と言われる「グリーンの読み方」などを、知ることで、自信を持って、パターを打つことができるようになります。

プロゴルファーの思考法やグリーンの読み方は、あなたが知るだけで、上達できるのです。

あなたが、どんな体型であっても、年齢がいくつであっても、男性女性であっても関係ありません。

ゴルフが最短最速で上手くなるためには、具体的な「練習方法」と「考え方」が必要不可欠です。

その先に、シングルゴルファーという「称号」が待っています。

1mのパットを確実に決めるための6つの練習方法」「ルックアップドリル」や「3パットを激減させるためのプロゴルファーの思考法」、「グリーンの読み方」など、詳しいことはこちら

 

ゴルフが上手くなるだけで、あなたの人生は楽しいものになるでしょう。

そして・・・、「あなたと言えばゴルフ

あなたの周りの人たちが、あなたの代名詞として「ゴルフ」を思い浮かべてくれるようになったとき、あなたのゴルフ人生は輝かしいものになるでしょう。

楽しいゴルフ人生を送りたい!そんなあなたにおススメはこちら