ゴルフが絶対上手くなる!スコアカードの書き方3つのポイント

あなたは自分の過去のゴルフのスコアをどれだけ活用しているでしょうか?

つまり、どれだけ記録を残し、それをどのように整理し、その内容について、自分のゴルフにどれだけ役立てているのかということです。

その質問に具体的にはっきり答えられる人は、おそらく「相当少ない」でしょう。

スコアカードを保存している人は多いでしょう。ラウンドごとのスコアの推移などを記録している人もいると思います。もちろん、こう打った記録は残すのに越したことはありません。

ただ、もう一歩進めて、自分のゴルフに役立つよう、有効にフィードバックされるような「スコアカードの書き方」ができたら、あなたのゴルフの腕前は、ワンランクアップするでしょう。

絶対に上達する「スコアカードの書き方のポイント」をご紹介しましょう。

スコアカードの用語

出典:ミズノ

まずは、「スコアカードに書かれている用語」について、簡単にご説明します。

IN OUT

基本的には、ゴルフは18ホールで構成されます。

前半の1~9番ホールを「OUT」と、後半の10~18ホールを「IN」と呼びます。

この呼び方は、ゴルフの聖地「セントアンドリュース」のコースに由来します。

1番から9番までは、クラブハウスから遠ざかっていくので「Going Out」、10番から18番まではックラブハウスに戻ってくるので「Coming In
この名残で、1番から9番までを「OUT」と呼び、10番から18番までを「IN」と呼ぶようになっています。

コースによっては、「西・東」だとか、「里コース・山コース」だとか、いろいろな呼び方があります。

 

ホールハンディキャップ(HDCP)

ほとんどのスコアカードには、ホールハンディキャップが記載されています。

1~18の数字で書かれていますね。

このホールごとの「ハンディキャップ(HDCP)」とは、原則的には、この「数字が小さいほどそのコースで難しいホール」ということになります。

ただ、このハンディキャップの数字が大きければ、「ああ、このホールは簡単なんだな・・」などと考えるは、ちょっと早すぎます。

ホールハンディキャップが小さい順にホールの難易度が高いという考え方は、間違っているとまでは言いませんが、完全に正解ではありません。

ホールハンディキャップは、競技ゴルフのマッチプレーで使われるための数字です。

たとえば、ハンディキャップ1の人とハンディキャップ5の人がマッチプレーをする時には、ホールハンディキャップ1~4のホールでは、1打のハンディをつけて競技をするというものです。

ハンデホールは、かたまらないように、分散させてあるので、必ずしも、実際のホールの難易度とは変わってくる場合もあるということです。

基本的には、難易度の高いホールには小さい数字がついているはずなので、参考程度に見ていくと良いでしょう。

 

YARDAGE

そのホールの長さが、ヤード表示で、記載されています。

1ヤードは、「0.9144」メートルです。

基本的には、ティーグランドの中心からグリーンの中心までの距離が表示されています。

ただ、ゴルフ場によっては、ティーグランドの「表示」からの距離であったり、グリーンエッジまでの距離であったりと、どこからどこまでの距離なのかは、ゴルフ場によって様々です。スタート前に確認しましょう。

ヤード表示の記載されている欄には、「BACK」・「REG」・「LADES」とか、「BULE」・「WHITE」・「RED」などと書かれています。

一番距離が長いのが「BACK」「BULE」などで、主に競技用のティーからの距離を表しています。
中間の距離が「REG」・「WHITE」などで、一般男性アマチュアゴルファー用の距離を表しています。
一番距離が短いのが「LADES」・「RED」などで、女性用の距離を表しています。

 

絶対上達するスコアカードの書き方

スタートホール、気象情報

「IN」と「OUT」のどちらからスタートしたのかを記入する癖をつけるとよいでしょう。
そうすることで、あなたが前半に強いタイプなのか、後半に強いタイプなのかがわかってきます。

気象情報を記入することも大切です。
できれば、天候以外に風の状況なども記入しておくと良いでしょう。

これらのことは、スコアカードに書く欄がないのが「ふつう」ですので、空いている場所に、メモしておくと良いでしょう。

 

パット数

パット数を書かない人は意外と多いです。

スコアカードには、スコアを書く欄の横にパット数を記入する欄があります。

これを書かないと、ショットが悪かったのか、パットが悪かったのかがわからなくなります。

100切りを目指すあなたは、まずは、パット数は合計「36」以下、つまり18ホールを2パット平均以下でラウンドできることを目指しましょう。

また、ファーストパットがショートしたのかオーバーしたのかを記録することで、あなたのパッティング傾向もつかめてくるでしょう。

ファーストパットはショートして、3パットでカップインした場合は、「3S」(※「S」はショートの略)と、あなたなりの書き方でOKです。

 

ティーショットの結果

ティーショットの結果を記録しておくことで、あなたのティーショットの精度を知ることができます。

ティーショットがOBだったのか、フェアウェイをキープしたのか、パー3ならグリーンオンしたのかグリーンを外したのかか・・・、このような自分のショットに対する情報を細かく記入していくとあなたの弱点がわかってきます。

こちらも、スコアカードに記入する欄はありませんが、ティーショットが右OBだったホールは、ホールナンバーに「×」とつけるなど、あなたなりの書き方でOkです。

 

絶対上達するスコアカードの活用法

統計をとる

スコアカードの活用方法として、最も重要なのは、やはり統計を取るということです。

平均パット数、OB率、フェアウェイキープ率等統計をとることで、自分の弱点が見えてきます。

そして、その弱点を集中的に練習することがゴルフ上達への近道です。

今では、打ち込むだけで統計をとってくれる「スコア管理アプリ」もありますし、エクセル等に打ち込んで、自分で統計をとるのも意外と面白いですよ。

本当に使える!厳選無料ゴルフアプリ3選

2017.03.03

 

集中力を保つためのスコアカードの書き方

例えば、今日は、「なんとか100を切りたい!」という目標を立てたとします。

そんな時に、漠然とスコアをつけていてもメリハリがないですよね。

途中で、疲れや調子の悪さ等様々な理由で集中力が落ちてきます。

そんなときでも集中力を保つスコアカードの書き方です。

それが、「3ホールごとにスコアを管理していく方法」

つまり、「3ホールで+5まで」という目標を立てて、3ホールごとにスコアをつけると、集中力が途切れずに、良い結果が出るのです。

例えば、スタートホールでトリプルボギーを叩いたら落ち込みますよね。
多くの人は「トリ」をたたいたら、「次のホールでパーをとって挽回する!」と意気込んで、自滅していきます。

でも、「3ホールで+5」までOKなので、まだ残り2ホールで2オーバーまで大丈夫!と考えるということです。

この気持ちに余裕を持つことが好結果を招き、また、3ホールごとに考えていくので、集中力を切らさずに、18ホール回れるのです。

仮に「3ホールを3オーバー」で上がれれば、2打分は次の3ホールに持ち越せるため、「3ホールで+7」までOKとどんどん気持ちに余裕が出てきます。

こんな風に3ホールごとに区切ってスコアをつけると最後まで集中できますよ。

マイパーを設定

ドライバーの飛距離が200ヤードで、クリークの飛距離が180ヤードの人は、400ヤードのパー4は、パーオンできません。それではゴルフを辛く苦しいものにしてしまいます。

決して飛距離に見栄をはらず、今のあなたの飛距離、スキルを素直に考えて、あなたなりの「マイパー」を作ることがゴルフというゲームを楽しくさせます。

「マイパー」を設定して、スコアカードを書き換えてみてください。
ゴルフがより緊張感のあるものになるはずです。そしてパープレーで回る楽しさ、喜びを体験してみてください
~佐久間 馨~

練習ぎらいはゴルフがうまいの著者佐久間馨さんは、自分なりの飛距離に応じた「マイパー」を作り、自分の力量に応じた「パー」の設定をすることで、集中力を切らさずに、楽しく、緊張感を持ってプレーできることを教えています。

佐久間さんが推奨する「マイパー」の基準は次のとおりです。

パー3をパー4にする目安・・・あなたのスプーンの飛距離以上
パー4をパー5にする目安・・・ドライバーの飛距離+クリークの飛距離以上
パー5をパー6にする目安・・・ドライバーの飛距離+スプーンの飛距離+クリークの飛距離以上

たとえば、「ドライバーの飛距離が200ヤードで、クリークの飛距離が180ヤード」の人は、380ヤードを超えるパー4は、すべてパー5として設定するということです。

このように「マイパー」を設定することで、「パー36」が「パー40」になったりします。

その「マイパー」を目指すことが、無理に力まなくてもパーが狙える設定になり、かといって、ミスすれば「オーバーマイパー」にもなる、あなたにとって魅力的なゴルフプレーが追求できるようになるのです。

なお、マイパーに設定し直したホールは、元の数字はちゃんと塗りつぶして、「マイパー」の数字を記入してくださいね。塗りつぶして、ちゃんとした数字を記入することで、視覚的効果があるようです。

お急ぎください!無料限定特典がついています!

限定スペシャル無料特典付き

今なら、無料限定特典『スライストップを直すスイングリノベーション』がついています!

ゴルフバカ売れ教材がついに誕生!


指導実績1万人を誇る2人のPGAティーチングプロが独自の教えに基づき、あなたを100切り達成に導いてくれます。

ゴルフ初心者でも3ケ月以内に100切りできない場合は、購入代金全額返還!と前代未聞の「3ヶ月でスコア100切り保証」がついたゴルフ教材!

通常価格32400円が今だけ税込19800円に!しかもDVDの送料無料

「すでに1万人が実践!」し、ゴルフが上達したノウハウを詳しく知りたいあなたはこちら!!



いつまで「ゴルフ理論」に苦労し続けますか?

「なんとか理論」と名がつくものはうんざりするほどたくさんあります。書店でもそう、TVのゴルフレッスンでも、教材でもそうです。

新しい理論、最高の理論、究極の理論、外国から来た理論・・・などなど。

名前を聞けば素晴らしそうですが、その実、どうでしょう。

本当にその理論で上達する人が、どれだけいるか知っていますか?

理論は、たしかに立派。

完璧にこなせれば、間違いなくうまくなるのでしょう。

しかし問題は、実践できるかどうか。

実際のところ、ちまたのゴルフ理論は、アマチュアが実践するには難しすぎることが多いのです。

だから、良さそうな理論に取り組んでも、無理難題をこなせず苦労するばかり。 元々のスイングが崩れ、さらにミスが連発するようになった人さえいるはずです。

ゴルフの上達で本当に大切なのは、立派な理論ではありません。

わかりやすく、実践できて本当に上達できる、そして何より楽しめるゴルフこそが、上達を願うアマチュアゴルファーに必要なものなのです。

そんな点をすべて考慮した、難しい理論にうんざりしている人のためのDVDレッスンがついに公開されました。

本当に上達できるからこその、前代未聞の「3ヶ月で100切り」保証。

いつまで、実践できないゴルフ理論に苦労し続けますか?

それとも、わかりやすくシンプルなスイングを実践して楽しく100切りを達成しますか?

さらに詳しい内容はこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です