【速攻上達】ゴルフ4スタンス理論「B2」タイプのスイングの特徴と練習方法

スポンサーリンク

あなたのスイングタイプが、4スタンス理論の「B2」タイプであることがわかったところで、次は「B2」タイプのスイングの特徴と「B2」タイプに合った練習方法をご紹介します。

スポンサーリンク

 

B2タイプに適しているゴルフスイングの特徴

B2タイプの理想的なグリップの握り方

「しっくり」・「しっかり」グリップを握るためには「力の入るライン」に沿ってグリップを握る必要があります。

この「力の入るライン」のことを、4スタンス理論では「パワーライン」と呼びます。

ゴルフ4スタンス理論では、4つのタイプ、それぞれに適したグリップの握り方があります。

つまり、4スタンス理論の各タイプごとに、この「パワーライン」が違ってきます。

パワーラインとは、物を持つ時に、しっくりくる握り方、しっかりと力の入る握り方するために意識すべき「手のひらのライン」のことをいいます。
このパワーラインを意識した「グリップの握り方」をしないと、しっくりとしたフィット感が得られないばかりか、グリップが安定しないため、余計な力が入るなど、最大限のパワーやしやなかさを発揮することが、できなくなってしまうというものです。

【B2タイプのパワーライン】

B2タイプのパワーラインは、「人差し指付け根から手のひらにかけて斜めに通る」部分になります。

 

2タイプの理想的なグリップ

B2タイプは、「手のひら(パーム)グリップ」が理想的です。

B2タイプのグリップは、「2型タイプ」のゴルファーは、人差し指の付け根からクラブが手のひらを斜めに横切るパワーラインに沿うように、「左手薬指」を意識しながら、握ります。

B2タイプは、かかとの外側に重心があり、外側からガッシリと体重が支えられていることから、その重心の力をクラブまで伝える必要があります。

左手の親指は、ややロングサムに握ります。伸ばした親指はクラブの真上ではなく、やや右側に位置して握ります。両手親指は交差する「イメージ」です。

 

B2タイプのアドレスの特徴

「股関節から前傾し、そのあとに膝を曲げる」というアドレスの取り方は、Bタイプには当てはまりせん。

「Bタイプ」のアドレスの取り方は、「まず両ひざを曲げてから前傾すること」です。

そうすることで、前傾姿勢で後ろ側に重心が取られず、さらに、かかと外側に重心が、外側に逃げてしまうのを防ぐことができます。

 

B2タイプのカラダの軸は、「首の付け根」・「両股関節」・「足底(かかと)」を通る1本のラインです。

B2は、クロスタイプなので、体幹の前面に「軸」を意識するとアドレスに安定感が出てきます。

また、クロスタイプは、胸を張るように構えてしまうと、体がロックしてしまいますので、基本的には、胸は張らずに、「ふところ」に余裕を作っておくと、スムーズに動けます

タイプ別の肘(ひじ)の位置

正しい位置に「ひじ」があることで、これほどまでに、インパクトで力の差が出るのです。


出典:SankeiNews 

 

B2タイプのスタンス

「ターゲットラインに対して真っすぐ構える」

これは、ゴルフを始める時に、誰もが教わることなのではないでしょうか。

ただ、B2タイプのようなクロスタイプには、このレッスンは当てはまりません。

 

クロスタイプは、ターゲットラインにカラダが平行でなくても違和感はなく、むしろ、ターゲットラインに対して、交差するようにアドレスを取る方が自然な形となります。

なので、B2タイプの人のアドレスは、特にスクエアに構える意識は必要なく、オープンスタンスでも、クローズスタンスでもいいことになります。

 

B2タイプのアドレスの入り方

 A1・B2のクロスタイプは、ボール後方からターゲットラインを確認した後、ボールを中心にして、曲線を描くようにアドレス位置に入ることで、クロスタイプにとって構やすいアドレスを取ることができます。

中でも、B2タイプは、その「回り込む曲線が大きくなる」のが特徴です。

  1.  ボールの後ろからターゲットラインを確認
  2. 右手1本でクラブを持ちながら、ボールを中心に大きく曲線を描くように、回り込んでアドレスの位置に入る

 

B2タイプのスイングの特徴

B2タイプのスイングの特徴は、右足から左足へ「大きく体重移動をする2軸スイング」です。

B2タイプは、4スタンス理論の4つのタイプの中でも、最も大きく体重移動をするのが特徴です。

スイングの始動は、下半身始動で、クラブヘッドを置き去りにするように、下半身を大きく右に動かしてからクラブを上げるイメージです。

 

つまり、「首の付け根」・「両股関節」・「足底(かかと)」を通る1本の軸に対して、まず、体幹が回転し、そのあとから一テンポ遅れて腕とクラブがついてくるというイメージを持つことで、B2タイプの特性を活かしたスイングとなります。

腰を地面と水平に回すイメージを持つことで、さらに大きな可動域が得られるのも、このタイプの特徴です。

B2タイプのスイングは、「間」や「粘り」が4つのタイプの中でも、最も大きいスイングなので、体がうねるように、大きくゆったりとしたダイナミックに動くのがB2タイプの特徴です。

タイプ別スイング軸

この「軸」を意識するだけで、スイングのスムーズさが全然違うはずです。


出典:SankeiNews 

 

B2タイプのインパクト

右足を軸とするB2タイプのインパクトポイントは、「右足前です。

大きく体重移動をしながら2軸スイングで振るB2タイプは、A1タイプ同様、「長いインパクトゾーン」のイメージを持つことが大切です

B2タイプは、重心を右に戻したまま、インパクトを向かえ、そのまま右手でクラブを押しこむように、球を運ぶような打ち方がB2タイプの特性を最大限に発揮したスイングとなります。

 

B2タイプのスイング軌道

B2タイプは、右足重心でインパクトポイントを迎えることによって、クラブヘッドがインサイドからシャロー(浅い角度)に入ります。

B2タイプは、インパクトゾーンが長いため、ヘッドはストレートに入れ、インパクト以降フォロースルーでは、クラブヘッドをアウトサイドに振り抜くのが特徴です。

タイプ別スイング軌道とスタンス幅


出典:SankeiNews

 

B2タイプは脇をしめる?

トップでひじが上がるフライングエルボーは悪癖といわれますが、Bタイプにとっては、むしろ 、自然な動きとなります。

Bタイプのゴルファーは、ひじの動きは固定せず、むしろ自由に動かせる状態のほうが、Bタイプの特性を活かしたスイングができます。

スポンサーリンク

 

B2タイプのリストターン

4スタンス理論の4つのタイプの中で、「リストターンの動き」が最も大きく見えるのがB2タイプです。

クロスタイプ(「A1」と「B2」は、バックスウィングでは右足に、フォロースイングでは左足に「軸」を入れ替える動きでスイングしますので、インパクトからフォローにかけて、体の回転が止まることで、ヘッドを走るため、「リストターン」を積極的に使っているように見えるのです。

特に、B2タイプは、特に、右足が軸になるので、その動きが強調されて見えます。

なので、B2タイプのゴルファーは、「リストターン」をさせにくい「ヘッドが大ききめの重心距離の長いドライバー」は合いません。

肩を基点に、腕全体を回すようにして、リストターンをするのもBタイプの特徴です。

 

B2タイプのフットワーク

B2タイプは、バックスイングで、「左ひざ」が外に動き、ダウンスイングでは、「右ひざ」が外に動きます。

池田勇太プロのフットワークにも、このような動きが入っています。・

ひざを大きく動かすことで、「ガニ股」に見えるスイングが、このタイプの特徴です。

「首の付け根(前面)」を動かさないイメージを持つことで、自然なフットワークができるようになります。

 

B2タイプの捻転

クロスタイプは、体幹の対角線上を斜めに連動させるのが特徴です。

具体的には、B2タイプは、バックスイングで、左肩を押し込むように「左肩と右腰の間を縮める」意識を持ち、ダウンスイングで、右肩を押し込むように「右肩と左腰の間を縮める」ようにすることで、カラダを入れ替えてスイングします。

カラダを入れ替える動作は、身幅の範囲で行い、腰のラインは、地面と平行に動かすことがポイントです。

 

B2タイプのアプローチ

インパクトゾーンが長い軌道のうち、右足前でインパクトを向かえるB2タイプは、カラダの中心から右寄りにボールを置き、右足軸を意識して振りましょう。

B2タイプは、「左足下がり」のライでも、自然とやわらかいボールを打つことができます。

 

B2タイプのフィニッシュ

B2タイプは、「クロスタイプ」の特徴でもある「逆C字型フィニッシュ」になります。

そして、「Bタイプ」の特徴でもある「右ひざもが折れ曲がる」フィニッシュになります。

 

ただ、B2タイプのバックスイングは、大きくゆったりとした間をとって切り返しますが、それとは逆に、フィニッシュは、コンパクトに収まります。

無理に、大きいフィニッシュを取ろうとする動きは、B2タイプに合ったフィニッシュではありまん。

また、B2タイプは、後ろに軸が残った状態でフィニッシュを迎えることが多いので、フィニッシュからの「振り戻し」が多いのも、B2タイプの大きな特徴です。確かに、B2タイプのフィル・ミケルソンは、フィニッシュからの「振り戻し」が多いですね。

 

タイプ別フィニッシュからのスイングづくり


出典:SankeiNews

 

B2タイプのスイングリズム

スイングリズムとしては、スイングの切り返しの「間」を意識し、「イーチ」・「ニーィ」・「のー」・「サーン」と大きくゆったりしたスイングリズムが、B2タイプには、合っています。

漫画「あした天気になあれ!」の主人公のプロゴルファー向井太陽が言っていた「チャー・シュー・メーン」というゆっくりとしたスイングリズムは、まさに、B2タイプのための言葉でしょう。

「チャー」のような伸ばしながら、テイクバックをとる感覚はクロスタイプ特有のものです。
「シュー」でクロスの重心移動かつBタイプの後ろ重心から前重心への移動が行われ、「メーン」で打つ、これが、B2タイプに最適なスイングリズムです。

 

B2タイプのスイングの特徴 まとめ

☑ 軸:右軸足

☑ 重心:かかと外側

☑ グリップ:手のひら(パーム)

☑ 基点:手足の薬指

☑ インパクト:右足手前

☑ スタンス:オープスタンス、クローズスタンス

☑ スイングイメージ:2軸スイング

☑ 体重移動:大きい

☑ 固定する意識を持つ部分:首の付け根の前側

☑ インパクト:長いインパクトゾーンで、インサイドからボールを押し込む

☑ フィニッシュ:「逆C字型フィニッシュ」

☑ スイングリズム:切り返しの「間」をとるためゆっったりしたリズム

 

B2タイプの練習方法

体重移動の大きい2軸スイングのB2タイプは、正面から見たときに、体が左右に大きく動いて見えます。

ただ、スイング中は、「首の付け根の前側」を意識し、ここがブレないようにする意識を持ちましょう。

 

Bタイプは、大きくゆったりなバックスウィングが特徴ですが、一方、フォローは早くたたまれるのがBタイプにとって自然な動きです。

なので、「フォローで左腕を伸ばすようなスイング」は、Bタイプには合いません。

 

4スタンス理論の4つのタイプの中では、「B2」が最もリストターンが大きくなります。

ダウンスイング以降右から左に大きく体重移動していく中で、インパクトからフォローにかけて、軸が入れ替わるタイニングで積極的にとリストターンして『ガツン』と打ちましょう。

B2タイプは「リストターンは積極的に!」です。

両ひじと両ひざを自由に使うBタイプの人は、「両肘の間にボールを挟んで打つドリル」はやってはいけない練習になりますので、注意しましょう。

 

ゴルフ上達練習方法をメルマガにて配信中

以上「ゴルフ4スタンス理論B2タイプ」についてご紹介しました。

「あなたに合った正しい練習方法」を知れば、それだけでスコアアップは可能です!

「知って得する」ゴルフ練習方法などをメルマガで無料配信しています。

色々な練習方法を組み合わせれば、毎日、自宅で効率的にミート率向上が期待できます。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です