フェースの向きに要注意!ゴルフのアイアンショットのアドレス4つのポイント

スポンサーリンク

アイアンのフェースの向き、あなたは、どう合わせてますか?

「どうって?ターゲットにまっすぐに決まっているでしょ!こうやって・・・」というあなた!

もしかしたら、このフェースの合わせ方が、スライスの原因かもしれませんよ・・・。

スポンサーリンク

 

アイアンのアドレスのフェース向きの合わせ方

アイアンショットをする時のアドレスでは…、

  • アイアンのフェースのリーディングエッジ・スコアラインをボールの向きに対して直角に合わせる方法
  • アイアンヘッドのトップブレードをボールの向きに対して直角に合わせる方法

の2種類があります。

アイアンのフェースの向きは、教科書的なレッスンとして、多くのゴルファーはリーディングエッジを目標に対してスクウェアに合わせていますが、これは上から見ているせいもあり、実際には目標よりも開いている場合が多いのです。

また、リーディングエッジ・スコアラインに合わせるこの方法は、インパクトの衝撃でフェースが開き気味になるとスライスになることがあります。

正しいスイングができていない、特に、リストターンが正しくできていないと、フェースが開きやすくなる構え方なのです。

 

一方、アイアンヘッドのトップブレードで合わせる方法は、スクウェアに構える人からすると、違和感を覚えますが、2016年賞金王の池田勇太プロを始め、アイアンの名手と言われるプロゴルファーにも、このようにトッププレードをスクウェアにして構える人は多数いるのです。

自分から見て、少し左を向いて、フェースがかぶっていると思うくらいが目標方向に対してちょうどスクウェアである人が多いようです。
一度確認のため、かぶせ気味に構えて打ってみてください。
~藤田 寛之~

このフェースの合わせ方をすると、フックフェースになりやすいために、ドローボールが出やすくなります。

ボールの力強さや飛距離を出す場合には、威力のあるドローボールが出やすいと言われるトップブレードで合わせる方が有利となります。

どちらのフェースの合わせ方が正しいということでなく、スライスに悩んでいる人や右へのミスが多い人は試してみる価値がありそうですね。

 

アイアンのアドレスでソールはする?しない?

クラブをできる限りゆるく握ろうとしたくて、ソールを地面にくっつけてしまっているのでしょうか。
これ、あまりよくない習慣です。
プロゴルファーで、クラブを地面に押しつける人はまずいません。
~ 米山みどり ~ 

ドライバーのアドレスでも、お話ししましたが、アドレスでソールをするかしないかは、意見が分かれる部分でしょう。

女子プロゴルファーの米山みどりプロは、ソール反対派です。

ソールをしている場合は、バックスイングを始める時にクラブを浮かせる必要があり、どうしても腕などに力が入ってしまいますが、ソールをしなければ、アドレス時にクラブの重みを感じる程度に力が入り、その一定の力でスイングができるというのが大きな理由でしょう。

普段からソールをしない打ち方をしていると、ルール上、ソールしてはいけないバンカーショットをする場合に有利です。

また、ラフなどでソールをするとボールが動くおそれがある場合なども、普段から、ソールをしない打ち方をしていると違和感なくスイングができるでしょう。

ただ、構えてすぐに打てれば問題はないのですが、打つまでに時間がかかる人は、徐々に身体が硬くなりグリップにも力が入ってしまうことにもなります。

また、ソールをしないと、浮かせたクラブフェースをどの位置にするかが難しく正しい位置にあるかどうか不安になることもあるでしょう。

その点、ソールをしていれば、クラブの位置は一定ですし、構えている時の力以上の力が入ることはないですし、安定した構え方ができるということになります。

特に、100切りできない人は、スイング中、力が入りやすいので、まずは、ソールをしている場合としていない場合のメリットとデメリットを踏まえながら、ソールをする方がしっくりくるのか、それともソールしない方のフィーリングが合うか、いろいろ試してみる必要があります。

スポンサーリンク

 

アイアンショットのアドレスのボール位置は?

アイアンショットは、多くの場合ゴルフ場の芝生の上からボールを打ちますので、ボールの位置はスイングの最下点より少し手前になります。

素振りをした時にクラブが芝を擦ったところより前にボールを置けば、スイングが最下点を通過する手前でクラブがボールをダイレクトに捉えることができます。

クラブは、ボールをヒットした後に最下点を迎えることになり、芝生であればターフを取るスイング軌道になります。

ボールの位置を、左足や左足のかかとのあたりに置いた場合は、ボールの手前が最下点になり、最下点の後にクラブがボールに当たるスイングになりますので、ダフリのボールが多くなりトップやスライスも出やすくなります。

ドライバーは最も左にボールを置きますが、フェアウェイウッド、アイアンと右方向にボールを置く位置が移動します。それにつれて、足の幅も狭くなります。

アイアンショットの場合のボールを置く位置は、9番アイアンやウェッジ類はボールを置く位置を両足の真ん中あたりに置きます。

ミドルアイアンはそれよりも少し左にずらします。
ロングアイアンは更に左にずらし、フェアウェイウッドに近い位置になります。

 

アイアンショットのアドレスの手の位置は?

アイアンショットはすべてのクラブをダウンブローで打ちますので、アドレスのグリップをする手の位置は左足の太ももの前あたりになります。

そして、ハンドファーストは、するものではなく、自然になるものです。

ハンドファーストとは、クラブを握る手の位置がクラブの先端よりも左足の側にある状態のことをいいます。

ショートアイアンやウェッジのように、ボールの位置がスタンス中央寄りになれば、手の位置よりもボールの位置が右側に来るため、自然とハンドファーストに構えることになります。

クラブが長くなればなるほど、ボールの位置が左にずれるため、ハンドファーストの度合いが弱くなります。

アイアンはクラブを振り下ろしていく途中でボールを直接ヒットするような打ち方になりますので、スイングの最下点がボールの先の左側になります。

そのために、クラブがボールに当たった後にターフが取られることになるのです。

アイアンショットは、ドライバーのアッパーブローの打ち方とは対照的で、ハンドファーストの構えからダウンブローに振り下ろしていく打ち方になります。

ボールの位置と手の位置が正しい位置に収まれば、自然とハンドファーストになり、正しいスイング軌道が作られ、ダウンブローの打ち方によって、力強い真っ直ぐのボールを打つことができるようになるのです。

 

知って得するお得な情報をメルマガにて無料配信中

以上「アイアンショットのアドレスのポイント」をご紹介しました。

まとめますと…、

  • フェースの向きに注意する
  • ソールをするかしないかはフィーリング重視で
  • ボールの位置はクラブが短くなるほど右へ
  • 手の位置は、「ハンドファーストにする」のではなく、ボールの位置と手の関係により自然と「ハンドファーストになる」のが理想的

 

このほかにも、「知って得する」ゴルフ情報やゴルフ上達法をメルマガにて無料配信中です。

【無料プレゼント実施中】

メルマガ登録してくれたあなたには、期間限定で次の無料プレゼントを差し上げています。

  • ゴルファー専用筋トレ完全マニュアル「飛距離革命 GOLFER’S BODY METHOD」
  • あなたのゴルフが生まれ変わる30の質問

登録後もお金は一切かかりません。3分程度で読める「無料メルマガ」の詳細はこちら↓↓↓から!

>> 無料メルマガ&無料プレゼントの詳細はこちらをクリック

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

小学3年生がたった6ヶ月で100切りした方法とは?

あなたも必ず100切りできる!

小学3年生がゴルフを始めてたった6ヶ月で100切りした方法やゴルフ上達に役立つ情報を無料でお届けします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です